スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



にほんブログ村 写真ブログへ



[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

【レビュー】DK-17MとDK-19でD700のファインダを見やすくしよう 

20090202.jpg
Nikon D300 / AF-S Micro NIKKOR 60mm F2.8G ED


現役のニコンのカメラで丸型ファインダを採用しているのは、
D300を除くプロ用一眼レフカメラと中級機のD700。

プロ用カメラのファインダの出来は語れませんので、自分の愛機でもあるD700で話を進めていきましょうか。


名機と言われる様な銀塩一眼レフカメラや、最近だとα900のファインダを見てしまうと
D700のファインダは、まだまだ余地を残しているのが分かってしまうんですよね。

自分個人としては、D700のファインダではマニュアルフォーカスで瞬時にピントを合わせるのは
とっても難しいデス。


しかし、今ある現状は変わらないので、今のファインダを見やすくするアイテムを2つ紹介。


マグニファイングアイピース DK-17M
接眼目当て DK-19


DK-17Mはファインダ倍率を約1.2倍にする事ができるアイテム。

つまり、ノーマルの状態よりファインダ内の被写体、カメラの情報などが
1.2倍の大きさになり、ピントの山もつかみ易くなるんですよね。


ただ、デメリットもありまして…

1.2倍になることで、ファインダ内の中心部分は見やすくなるのですが、
視野に入りにくいファインダ外側の情報が、より外側に1.2倍移動する事になるんですよ。

視野角は個人によって違うので何とも言えませんが、ファインダの外側に表示される情報が
視野から外れてしまう、つまりケラレてしまう可能性を持っています。



これを補う為に使うのがDK-19。


ケラレを避ける簡単な方法として、ファインダを覗く目の位置をより近づける事により
このケラレを解消・改善する事ができます。

当たり前な話ですけど、ファインダに目を近づければファインダの端も見えやすくなりますよね。


DK-19を使うと、カメラと顔の目の部分が密着することになるので、
自然にファインダと目の位置が近くなります。

また、密着することで外部からファインダにあたる光の反射が無くなり、
ファインダ内が見えやすくなるんですよ。


あとはDK-19と顔が密着されることで、カメラがよりシッカリと固定されて
ブレにくくなる効果もありますね。


難点と言えば、カメラと目が密着される事でファインダが曇りやすくなるということかな。
これは、曇り止めを塗っておきましょう。



この二つをつけると結構、ファインダが見やすくなります。

まぁ、正直いうと改善されるっていうレベルなので、
ニコンの名機F3や、ファインダに定評があるソニーα900を超えてるとは言えませんが…

ただ、付けない時よりは明らかに見やすくなることは請け合いかな。


難点は、従来よりファインダ部分が出っ張ることですかね。

カメラバックに引っかかってしまう場合があるかもしれません。
自分はいつも肩から下げてるので問題は無いですが…

あとはメガネをかけてる人は結構、ケラレやすいと思うので、導入はよくよく考えた方が良いかもしれませんね。



導入費用としては、量販店で5000円ぐらいでしょうか。

もし、導入したら最初は像がニジんで見えると思うので、カメラの視度調節ノブで調整してから
使うことを忘れないでください。



個人で使ってる感想はケラレないですし、ファインダは見易くなりました。
これ無しで撮影ができない体になっちゃったYO!(笑)


にほんブログ村 写真ブログへ



D700のファインダー

個人的には、D700のファインダー好きですね。

F一桁シリーズを使ってきたんですけど、それには劣るものの
某社のスカスカなファインダーほどでは無く、かと言ってピントの山が
つかみ難くもありません。まぁ、オーバースペックでは無く、程よい
感じと思いました。

AF自体がだいぶ自分のバックアップをしてくれているってのも有りますが
今までほぼ狙ったとおりにピントは来ますね。

マニュアルレンズを使う時でもそんなに不便は感じません。




DK-17MとDK-19を組み合わせるってのはいい考えですね
今度試してみたいと思います。


昔、アンチフォグアイピースってのを使ったこと有りますが、標準の
アイピースに比べて、ちょっとボヤッとした感じで見辛い感じでしたね。
なので曇るのを我慢して標準のアイピースに戻したことが有りました。



[2009/01/26 23:36] フォトミック [ 編集 ]

フォトミックさん

どもどもー

自分の場合は、どうしてもマニュアルフォーカスが難しいんですよね。
F3を使ってた時はマニュアルで困る事はなかったんですけどねー

物撮りみたいに撮るなら問題ないんですが、スナップはピントがあわずキツイです。
AFで使う分には、悩む事はないんですけどね。

アンチフォグアイピースは、さすがに併用は難しそうなんでやめときました(笑)
[2009/01/27 00:37] まさとん [ 編集 ]

まさとんさん、こんにちは。

DK-19を使ってますが、やっぱり曇りますよね!
私の顔の作りのせいかと思ってましたよ(笑)

マグニファイヤーは周辺部の像が揺らぐので、外しちゃいました。
周辺部にピントを持ってくるときにどうしても見づらいので・・・
ついにはFM3Aのスプリットマイクロを入れて通常ファインダーに戻しました。
フレーミングの情報が瞬時に入ってくるのは、やっぱりありがたいっすね。
既製品のスプリットマイクロ型はマット面がAF用なので、やっぱりピントの山が分かりづらい。
センターしか使えないなんて「意味無いじゃん!」ってやつでしたね。

でもMF多様はきついですね。AF万歳です。

[2009/01/27 09:42] 写真おもしろ [ 編集 ]

写真おもしろさん

どもども。

DK-19は水分の逃げ場所が無いですから、冬場は結構曇りますよね。

D300での1.2倍アイピースは自分に合いませんでしたが、これは問題なく使えてます。
目の相性ってありますよね、これ。

ところで…

スクリーンの変更ができるとなると、使ってるカメラはF一桁とかD3ですか?
もし、そうだったらDK-17Mが無くても、ファインダは見やすそうな気がするんですけど…

D700も交換式のスクリーンになっても良いから、もう少し見やすくなって欲しいとこデス。
[2009/01/27 23:35] まさとん [ 編集 ]

まさとんさん、こんばんは。

使用カメラは、「F3HP」と「D2Hs」です。
PC環境がしょぼいので、高画素のデジタルカメラにすることが出来ません。
「D2Hs」の好きなところは、『AFが速い』『高速連写』『高感度耐性が良い』『データが軽い』『測光が比較的正確』『発色が私好み』などなどです。
この機種に人気が無いのが不思議でなりませんよぉ。(やっぱり低画素だからかな?)

でもピントの山は掴みにくいですよ。DK-17を入れてもあまり効果はありませんでしたよ。
MF操作をあまりしない(マクロ撮影くらいかな)から、はずしちゃえーって感じで外しました。

D700もそうですが、ピントの掴みやすさとAF制度って相反するんでしょうかね?(良く聞く話ですがホント?)
AF制御はミラーの下ですから、関係ないような気がしますが・・・わからんです。(ハーフミラーのせい??)

そんなところです。
[2009/01/27 23:53] 写真おもしろ [ 編集 ]

写真おもしろさん

どもども。

おー、D2Hsでしたか。

って何か前に聴いた記憶が蘇ってるんですが…
もし、2度目だったらゴメンなさい。

D2系はケラレるって商品説明にも書いてありましたし、
D700とは見え方がきっと違うんでしょうね。

しかし、D2Hsは写真おもしろさんには最高のカメラなんでしょうね。
あそこまで良い点を書かれると、悪いところがみつかりません(笑)

プロ機以外は、構図用格子線を表示するためにフィルムが一枚多く挟まっているので
若干、見にくいと噂を聞いたことありますけど本当はどうなんでしょうねー
[2009/01/28 21:46] まさとん [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://jibunbox.blog64.fc2.com/tb.php/878-dad98253


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。