スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



にほんブログ村 写真ブログへ



[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

18-250mm F3.5-6.3 DC OS HSM の画期的な仕様 


Nikon D700 / AF-S VR Zoom-Nikkor ED 70-300mm F4.5-5.6G(IF)


シグマの「18-250mm F3.5-6.3 DC OS HSM」が目立たないけど
画期的な仕様が盛り込まれてますね。


このレンズが出ると(たぶん)世界初の「手振れ補正機能の選択」が出来るんですよね。
(20090120追記)
指摘を受けたのですが、フォーサーズでオリンパスのカメラとパナソニックのレンズで
手ぶれ補正カメラ&手ぶれ補正レンズの組み合わせがすでに存在しているそうデス。

数少ない「手振れ補正機能の選択」が出来る組み合わせなんですよね。


分かりにくいと思うので、詳しく書くと、
カメラ側に手振れ補正機能がついてて、なおかつレンズも手振れ補正機能がついている。

こんな状態になるんですよ。
ソニー・ペンタックスのカメラに、このレンズを組合せた場合のみですけどね。

つまり…
ユーザが手振れ補正を「レンズ側」か「カメラ側」を選ぶことができるんです。


ちょっと未来的だなー、なんて思ってたりしてます。


個人的な希望としては将来、「カメラ側で手振れ補正機能」を持ちつつ、
「手振れ補正機能のあるレンズ」を取り付けると自動的にレンズ側の補正に切り替わる。

こんな仕様が実装されると嬉しいんですけどね。



レンズ側に手振れ補正があると有利な点としては、
やはり、ファインダ内の像が安定しやすいところでしょう。

ニコンのVRやキヤノンのISなど手ぶれ補正がついたレンズを使ったことがある人は分かると思うのですが、
ファインダを覗いたときの小刻みな手振れも、かなり緩和されますよね。

望遠になればなるほど、フレーミングがしやすい恩恵に与れます。


カメラ側に手振れ補正があると有利な点としては、
どのレンズであっても、手振れ補正の恩恵を受けることが出来ることですね。

自分としては、明るい単焦点レンズに更に手振れ補正が付くなんて、
夢の様な組合せだと思っちゃうんですけど…


このカメラ内蔵とレンズ内蔵の手振れ補正って一長一短な関係で、
お互い相手の有利な点を持ち合わせていないので
それぞれが、そのまま弱点になっちゃうんですよね。


ニコンかキヤノンが、カメラ内手振れ補正を実装してくれれば、
あっという間に、この夢って実現できそうなんですけど(笑)





カメラとレンズの手振れ補正を両方ONにしたらどうなるのか…
想像しただけでオラ、ワクワクすっぞ(悟空風に)


にほんブログ村 写真ブログへ



[2009/01/19 22:17] 人(human) | TB(0) | コメント(4)

こんばんは。

フォーサーズにはこういう状況は大分前からありましたので
世界初、ってことはありませんよ。オリンパスの手振れ補正
内蔵ボディにパナソニックの手振れ補正レンズの組み合わせ
ですが・・。
[2009/01/20 20:28] カジ昭彦 [ 編集 ]

まさとんさん、こんばんは。

被写体の動感はいい具合ですね。
でも背景選択がちょっときついっすね。
あの『目』が怖い・・・
せっかくの良い写真なので、NXでボカしレタッチしてくださぁい。
心霊写真かと思ってドキッとしました(汗)
[2009/01/21 00:50] 写真おもしろ [ 編集 ]

カジ昭彦さん

どもども、はじめまして。

言われて調べてみたら、確かに4/3に手ぶれ補正カメラ&レンズの組み合わせが
ありましたねー

補足、ありがとうございます。
ソニー&シグマよりマイナーな組み合わせですねー

さっそく、記事に訂正をいれないといけませんな。
[2009/01/21 00:51] まさとん [ 編集 ]

写真おもしろさん

どもどもー

あー、やっぱり目が行きますよね。
何か入っちゃってるなーって思いつつレタッチしてましたからね。

ただ、自分にとってのレタッチって現像であって、修正じゃないんですよねー
これからも見る人、みんなをドキドキさせてやろうって感じです(笑)
[2009/01/22 02:04] まさとん [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://jibunbox.blog64.fc2.com/tb.php/869-d73b1227


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。