スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



にほんブログ村 写真ブログへ



[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

【レビュー】SIGMA 50mm F1.4 EX DG HSM 

20090202_2.jpg
Nikon D700 / AF-S Micro NIKKOR 60mm F2.8G ED


今回は、シグマの 「50mm F1.4 EX DG HSM」 のレビューでいってみようと思います。

シグマのレンズは切れがあって描写が固めな印象があるのですが、
このレンズに限っては印象が全然、違いますね。


まず、ボケ味が非常に良いんですよ。

自分はボケの良し悪しを判断するのが結構、苦手なんですが、
このレンズに関しては、撮ったものを見た段階で違うって感じる事ができました。
自然でいて、なだらかにボケていく印象で綺麗ですよ。

それでいて、絞り開放からシグマ特有の切れの良さを持っていて、抜けも良い感じ。


Ai AF Nikkor 50mm F1.4D」 と比べると、シグマはシャープな絵を、ニコンは柔らかい絵を出す感じかな。

描写に関しては、最新設計だけあってシグマの方が好みですね。
シグマが自信を持って送り出したレンズだけはあるかなって感じ。

デジタル一眼レフカメラを想定して設計されたレンズか、想定していないレンズかの差は実に大きい。


そうそう…
フジヤカメラで買ったんですけど、そのときの店員の兄ちゃんが、

「レンズに入る光の量はF1.2のものだが、画質向上の為に開放をF1.4にしてある」

なんて言ってましたよ。

つまり、開放F1.2のレンズをF1.4に絞って使ってる感じなんでしょうね。
その仕様なら前玉がデカイのも分かるし、シグマの意気込みも感じますな。


最初、シグマからこのレンズが発表されたときは、

「(良い意味で)無理してるな~」

って面白がって見ていましたが、最近のシグマは侮れないっすな。


ピントリングのトルクは重めですね。

最初は重すぎじゃないかと思ったんですけど、
使ってみると、じっくりとピントを合わせるのに向いてる重さだと感じました。

まぁ、AFだけで大半は済みますから、マニュアルでピント調整する事はあまり無いのですが、
フルタイムマニュアルができるとやっぱり便利ですね。


レンズの大きさ、重さについては確かに従来の50mmレンズと比べると大きく、重いですが、
持ち運びが嫌になる程のものでは無いです。

逆に従来の50mmレンズより大きく、重いのでカメラが構えやすいですね。
描画性能とトレードオフって考えれば許せる範囲。


AFスピードについては、そこそこ速いデス。

正直、人によって感覚が違うんで速いと伝えて良いのか迷うスピードだったので「そこそこ」で(笑)
レンズが大きくて重いので、モータの負荷が大きいのかもしれませんね。

と、いっても従来の内蔵モーターのレンズよりは速いですよ。
ニコンのAF-SレンズのAFスピードが速いリング型と比べると、やや劣るって感じですね。
(ちなみにニコンの超音波モーターには、小型のギア式とスピードが速いリング式の二種類があります。)

ただ、チャンスを逃すような事は無いので、気になる程のものでは無いです。


AF時の音はニュアンスが伝われば良いのですが、

AF-Sが、

「スゥーーー」

って感じの静かでクールな感じだとすると、このレンズは、

「ククククク」

って頑張って移動させてる感じデスね。
やっぱり、レンズが大きく重いのが影響してる気がします。

まぁ、使い始めると気にならなくなりますが。


逆光性能に関しては極々、普通ですね。
悪くは無いのですが、ニコンのナノクリスタルコートを施してあるレンズと比べると
無理するのは止めた方が良かったかなと思うシーンはありました。


気になったことは、

実は、このレンズだけではなく手元にある
同社の 「24mm F1.8 EX DG ASPHERICAL MACRO」 でも同じ現象があったんですが、
無限大の向こう側があるんです…

以前、何となく24mmレンズで星を撮ってみたんですけど、
AFが効かなかったのでMFに切り替え無限側にまわし切って撮影したら、
星にピンが合ってなかったんですよ。

チョット戻すと無限大にピンが合う状態なんです。

これと同じことが、この50mmレンズにもあるのが気になりますね。
こういう使い方をする事は少ないんですが、まわし切ったら無限に合って欲しいとこデス。

手元の全てのシグマのレンズで、この問題が発生してる訳ではないので、
たぶん調整に出せば直るんでしょうけど、ニコンのレンズじゃこういうこと無いんですよねぇ


個人的には名玉と言い切るまではいかないのですが、
レベルの高いレンズである事だけは確かですね。

特に夜スナップを最近、楽しむ様になったので、
サジタルコマフレアを極力、廃しているこのレンズは自分にとって手放せません。

ちなみに自分が一番美味しい描写と感じるのは、F2.4で撮影した時かな。


このレビューを書いている時点では 「AF-S NIKKOR 50mm F1.4G」 が発売されていないので
描写も気になるところですが、このレンズも劣るところは無いんじゃないかなって思います。


サンプルの写真については、

ここをクリックしてもらえば自分の撮ったものですけど確認できますよ。


そんなとこ。



にほんブログ村 写真ブログへ



コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://jibunbox.blog64.fc2.com/tb.php/730-05d5f685


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。