スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



にほんブログ村 写真ブログへ



[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

フルサイズで2,460万画素の「α900」の仕様を見て思ったこと 


Nikon D700 / SIGMA 24mm F1.8 EX DG ASPHERICAL MACRO


最初、見たときは、
高画素で視野率100%、ヨドバシでの価格がD700と値段一緒。

SUGEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEE!

なんて思ったんですけど、情報をチョロチョロと集めて冷静に仕様をみると、
色々と見え隠れするものがありますねぇ


まずは、SONYはミノルタから資産を受け取ったとは言え、
この短期間にフルサイズを作り上げて、よくぞ頑張ったと思います。

反面、α900をフラッグシップと呼ぶ歴史の浅さも感じられました。

フラッグシップの条件が視野率100%だけの時代は、もはや昔のものでしょう…

スペックとしては、D700とEOS 5Dの後継機が競争相手って感じがしますし。
もちろん、うらやましい機能はありますけどね~


次の視野率100%のカメラがSONYから出た時こそが、
ニコン、キヤノンの一桁と対抗しうる、真のフラッグシップ機が登場する瞬間なんでしょうっ!

実際の使い心地、さわり心地とか気になりますねぇ。
情報が少ない中で外面のスペックでα900に感じたのは、こんな感じ。


高画素のソニー、高感度のニコンと全く性質が異なるカメラが出てくること自体がとっても面白いなって思います。
メーカーによって、長所が変わってくるのもまた良いかもしれませんね。

レンズの縛りがあるんで、カメラは選べそうで選べないんですが(笑)


後だしジャンケンの最後はキヤノンということでEOS 5Dの後継機の仕様に、注目が集まりそうデス。
ニコンやソニーと違い、画素と感度を共に最適化したバランス型なるんでしょうか?

これまた、楽しみ。


にほんブログ村 写真ブログへ



[2008/09/10 23:16] 街(town) | TB(0) | コメント(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://jibunbox.blog64.fc2.com/tb.php/707-840b9c4a


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。