スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



にほんブログ村 写真ブログへ



[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

キヤノン涙目 ニコンD90、まさかのサプライズ 


Nikon D700 / Ai AF Nikkor 50mm F1.4D


いつか出るとは思っていましたが、
ついに動画撮影可能な一眼レフカメラが誕生しました。

ニコンの新機種 D90に搭載。


D90、EOS 50Dまでのカメラって、新規のユーザがギリギリ購入を考える
ラインだと思うんですよ。


昨日、発表されたEOS 50Dの機能と比較しても動画撮影可能な点は
世界初というのもあって、インパクトがありますね。
暗いところでも綺麗に撮れるという謳い文句と比べて、
初心者には分かりやすいですし。

自分がカメラを始めた頃にISOとか周辺光量落ちって言われても、

「ぽか~ん」

って感じでしたから…


ただ、長くカメラをやってる人は、

「こんな機能いらないよ!」

って言う人も多いんじゃないでしょうか?

自分も楽しそうとは思いますけど、D90を手に入れたとして
常に使うかと言われれば使わないでしょうね。


動画撮影、顔認識などは販売戦略的機能なのかなって思ってます。


これは個人的な考えなのですが両方のカメラの機能を見ていると、

D90のターゲット層は、一眼レフ新規ユーザと強く感じています。
D80をシッカリ使い込んだユーザなら、D300・D700に行くと思いますよ。

たぶん、EOS 50Dのターゲット層は買い替えユーザが対象なんでしょうね。

去年からのシェアの動きを見ていると、新規ユーザのニーズをいかに拾うのかが、
勝負の分かれ目になっていると思ってます。
この違いは売れ行きに鮮明に現れるんじゃないですか?


正直、今のニコンのマーケティング能力は凄いですね。
潜在的なニーズを掘り起こすのがウマいし、一手が早い。

キヤノンと違い、高画素化よりも機能の充実に力を入れたりする点も、
今の2社の勢いの違いをガッツリ感じました。
前は保守のニコン、革新のキヤノンってイメージがありましたけど、
すっかり引っくり返りましたねぇ。

他社がやった後に、ニコンでも付けてみるかって感じの
後手後手な時代が懐かしく感じるぐらいデス。


今のニコンは勇気があり、そして蛮勇ではないって感じです。
レンズが揃えば長い間、キヤノンの後塵を拝していたニコンの王者復活も
ありえると考えてますよ。


最近、発売されたキヤノンのKISS Fや50Dは、
売れる仕組みを仕組む力がニコンと比べると弱い気がしてならないんですよ。
とりあえず、無難にまとめてる感じが強いかな。

デジタルビデオカメラを作ってるキヤノンには、
動画機能は社内的に厳しいトコもあるとは思いますけどね。


そして、後だしジャンケンの強みか市場予価がEOS 50Dより2、3万安い。
D40の例もありますが、値段が安い方に人が流れる傾向もありますよね。
値段の付け方も上位機種のD300、下位機種のD60を考えると上手な値段設定。

販売台数の勝負はニコンの圧倒的勝利な予感がしてなりませんよ。
まぁ、予想が外れたら笑って頂戴。


ニコンユーザなんで贔屓目な所もありますけど、
どっちの方が良いか人に聞かれたら、D90と答えると思いますよ。

いや…、値段が15万円台に下がってるD300って答えるかも(笑)




そうそう…
レンズは、次回を期待します(笑)


にほんブログ村 写真ブログへ



[2008/08/27 21:56] 街(town) | TB(0) | コメント(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://jibunbox.blog64.fc2.com/tb.php/694-84ae9c14


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。