スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



にほんブログ村 写真ブログへ



[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

D300 なんというマルチパターン測光の精度の高さ 


Nikon D300 / TAMRON SP AF 28-75mm F/2.8 XR Di LD Aspherical [IF] MACRO


D300とD200では、「マルチパターン測光」の精度が全然違いますね。

世の中に出てる今までのカメラと違い、D300はカメラが色を認識できる様になったんですけど、
色を認識する事で、ここまで機能が劇的に変わるんだなって感心しとります。

D200でこの測光は、あまり使えなくて単体露出計やスポット測光、
あとは感覚でマニュアル設定で対応してたんですよ。

しかしD300になって、マルチパターン測光の精度が一気に上がって使える様になりましたね。
オートホワイトバランス(AWB)の精度も格段に上がってるので、カメラ任せでも
D200と比べるとOKを出せるカットも多いです。

AWBもD200はイマイチでしたし…
D200の頃はホワイトバランスを「晴天」固定で、後からホワイトバランスを調整してましたしね。
それと比べるとD300になってからは楽になりました。

で、マルチパターン測光に話は戻りますが、
ノンビリと撮影するときには、今までどおり自分で露出をいじってますが、
競馬の様に撮影のチャンスが一瞬の時や、構図の事しか考えたくない(笑)ときは使えますよ。

今までよりも撮影時の選択肢が増えて嬉しいばかりって感じです。


【追記】D300のレビューを書いてみました。


にほんブログ村 写真ブログへ



[2007/12/20 01:42] 自然(nature) | TB(0) | コメント(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://jibunbox.blog64.fc2.com/tb.php/507-89cffb7a


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。