スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



にほんブログ村 写真ブログへ



[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

D300 視野率100%の代償 


Nikon D300 / Carl Zeiss Planar T* 1.4/85 ZF


何か忙しすぎて、デコの血管がピクピクしとる…
中の人が出てきそうだよ、サイバイマンみたいなのがっ(笑)

で、今日のD300のネタはファインダについてデス。

視野率100%が売りの一つとなっておりますが、ただ100%だけではなく、
D200と比べると格段にマニュアルでピントをあわせ易くなってますね。

マニュアルで撮影することも結構多いんですけど、D200だとフォーカスポイントの表示を消せなくて、
ピントを合わせるのに邪魔になることって結構あったんですよ。
AFを使うときは必須なものでもMFだと、単なる邪魔者なんですよね。

それがD300になってフォーカスポイントが表示されなくなったんで、邪魔が無くなり、
集中してピントを合わせられる様になったのは嬉しいデス。
まぁ、51点もフォーカスポイントが常時表示されてたらタマランっすね(笑)

それに若干、ピントを把握しやすくなった気がします。
技術的なことは判らないんでアレなんですけど、ピントの山が掴みやすくなってるっぽい。

ただ、視野率100%の代償が…

今回、D200よりもファインダ像が見える範囲が広がったんですよ。
D200が95%でしたから、5%ぐらい見える範囲が広がったんでしょうかね。

そしたらですね、
絞りやシャッタースピード等、情報を表示する場所もD200と比べると外よりになったんですわ。
そのせいで、明らかに情報が見えにくくなったんですよ。

D200では、一目でファインダ像と情報を同時に見ることができてたのに、
D300は、ファインダをシッカリ見ると情報が目に入ってこないんですよね。
自分にとっては、この辺の情報は常に確認しておきたいんで、気になるんですよ~

特にD300を縦にしてファインダを覗くと自分の場合、情報が全く目に入らなくなるのが何とも言いがたいっす。
情報を見ると一瞬、ファインダから目を離さないといけなくなるんだよなぁ

一長一短で、どっちが良いのやらって感じですわ。
と、言っても情報の表示を除けばやっぱりD300の方が良くなってますよ。

この辺も慣れれば多少は変わるかなって感じデス。


にほんブログ村 写真ブログへ



[2007/11/30 23:54] 街(town) | TB(0) | コメント(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://jibunbox.blog64.fc2.com/tb.php/492-8b8836bf


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。