スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



にほんブログ村 写真ブログへ



[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

もちろん切手も貰ってきました 


Nikon D200 / SIGMA 24mm F1.8 EX DG ASPHERICAL MACRO


Nikon Digital Live 2007に行って、D3とD300を触ってきました。

今週はメチャクチャ忙しくて疲れ果て、昼の2時ぐらいに起きて、
ダラダラとした後、東京は丸の内ビル7階にテクテクと。

まー、ついたのは4時半ぐらいだったかな。
時間も遅めだったので混雑と言うほどでもなく、入口近くで行われてたD3、D300で
ハープ演奏者を撮影するという催し物も5分待てば試せたし、
遅く来て逆に良かったぐらい。(前情報では超混雑だったんで…)

D300で試し撮りをしたんですけど、
操作感がD200と全く変わらないのが個人的に良かったですね。

グリップを持った感じも、カメラを構えた感じもD200と感覚が一緒。
体に染み付いた操作感をそのまま継続できるのは、
でっかいポイントだと思うんですけどねぇ…(保守的?)

まぁ、D300にはVR18-200がついてましたけど、もっと良いレンズを付けてて欲しかったかな。
D3には高そうなレンズがくっついてたのに…

他には、塙真一さんの

『D300がフラッグシップである理由』

のステージをノンビリ聞いてたりして、
高感度はISO800ぐらいまではいけそうな感じを受けましたよ。
あと、D200と比べて偽色が極端に減ったとも言ってましたね。

カウンターでは、D3とD300を触れるスペースがあり丁度、D3が触れる状態だったんで操作してみたら、

カカカカカッ

いやー、アホみたいに連射ができるわけで、
面白いけど、プロが必要な機能ですな~
って感じでしたね。

今回、一番興味を持ったのはD3、D300両方に搭載される、

「3D-トラッキング」

でしょう。

フォーカスロックした被写体が動こうが、フォーカスポイントがそれに追随してピントを維持するんですよ。
まだまだ、改善の余地を残してる感じもありますけど、
スポーツ等の動態を撮影するときに凄い力を発揮する予感がしますよ、これ。
正直、便利すぎますよ。

今回の新機種では色情報(RGB)を保持できる様になったことで、
3D-トラッキングなど、目に見えない部分の機能向上を感じましたね。
特にD300は、D200と見た目は一緒ですけど、中身は別物。
早めに予約しといて良かったかなって感じです。

そうそう、引き続きイメージキャラクターは木村拓哉さんみたい。
入口にD300を持ったポスターがありました。

ところで、ニコン社員と思われる人がD3を持って、
会場内の客をバシャバシャと撮りまくってたんですけど、あれって何でしょうかねぇ。

わたくしも餌食になりまして、

「こりゃ、タ・マ・ラ・ン」

って感じでした、ナハハ。
だってね、しゃがまれてあおりで撮られちゃったのよ~(笑)


にほんブログ村 写真ブログへ



[2007/09/22 22:52] 街(town) | TB(0) | コメント(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://jibunbox.blog64.fc2.com/tb.php/450-8f9038af


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。