スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



にほんブログ村 写真ブログへ



[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

NEX-5に「NOKTON 50mm F1.1」をつけて撮ってみた 


NEX-5 / NOKTON 50mm F1.1


コシナの明るい兄弟、
「NOKTON 35mm F1.2 Aspherical」と「NOKTON 50mm F1.1」がありますけど性格は違いますね。

やっぱり後発の「NOKTON 50mm F1.1」の方が出来が良い気がします。

開放での抜けの良さや描写は信頼できるレンズ。
ボケが素直に出やすいのも良い感じ。


35mmも唯一無比な良いレンズでなんですけど、
50mmと比べると、少し無理をしてる感じがあるんですよ。

非球面レンズを3枚も使っている時点で、コシナらしくないかもしれませんなっ(笑)


この50mm、
当然ながら昼間に開放付近で使う場合、NDフィルタは必須。

レンジファインダ用のレンズとしては重い部類ですが、
D700と24-70mm F2.8の組み合わせを使ってた身としては、軽くてありがたい。


このレンズはLeicaのNOCTILUXと比較される事が多いのですが…

レンズの外観はNOCTILUX(1st)を意識した感じで、
明るさはNOCTILUX(2nd)に近く、値段は現行NOCTILUXの1/10ってとこかな。

作例と見比べていただけなんだけど、
写りに関しては良い悪いでは無く、別物な気がしますね。


使っていて困るのはAPS-Cでの画角ぐらいでしょう。
約75mmの画角になるので、スナップを前提に使うなら少し使いにくい。

使い勝手だけなら、35mmF1.2の方が使いやすいかな。

レンズの中央部分しか使わないので周辺光量落ちも分からないぐらい。
開放時の大きな光量落ちを期待していると、スコーンと抜ける描写に拍子抜けするかも。


レンジファインダ用の50mmレンズは激戦区の一つだから、
描写だけでいうなら、他のレンズも検討してみた方が良いかもしれません。

F1.1の明るさにロマン(笑)を感じるかどうか、ここに尽きるんでしょうね。


良いレンズです。


にほんブログ村 写真ブログへ



[2011/04/26 20:55] 街(town) | TB(0) | コメント(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://jibunbox.blog64.fc2.com/tb.php/1609-0f119fda


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。