スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



にほんブログ村 写真ブログへ



[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

色評価用蛍光灯とスタンドを買ってきた 


Nikon D200 / AF-S DX VR Zoom Nikkor ED 18-200mm F3.5-5.6G (IF)


現像環境向上って感じで、色評価用の蛍光灯を導入してみました。

猫に小判、馬の耳に念仏ということわざがありますが…
まぁ、それは置いといて(笑)


色評価用の蛍光灯は、普通の蛍光灯と何が違うかといえば光の質が違うそうです。


夜景とか室内の撮影をしてみると気が付くと思うんですけど、電灯の光は緑がかりますよね。
何でかと言えば、緑色にかたよった光が照射されているからだそうで…

色評価用の蛍光灯は太陽に近い光の質で照射されるので、色の偏りが抑えられているんですわ。


試しに室内で撮影してみたんですけど、緑がからないので変な感じ(笑)


スタンドに取り付けられる20型の色評価用蛍光灯は国産では、

リアルクス(パナソニック)
色評価用蛍光ランプ(東芝ライテック)
色評価用蛍光ランプ(三菱オスラム)


海外製だと、

バイタライト(VITALITE)

この辺ですね。


ちなみに蛍光灯の中ではマイナーな20型の色評価用蛍光灯でして…
ヨドバシにすら置いてない一品。

秋葉原の専門店か、通販で取り寄せるしかないんですよね。


で今回、買ってきたのはバイタライトです。
理由がありまして、日本勢の色温度は5000K(ケルビン)に対してバイタライトは5500K。

最近手に入れたディスプレイのキャリブレーションツールが5500Kと6500Kでしかキャリブレーションできない。

まぁ、そんな感じですな。
国産で5500Kの色評価用蛍光灯があれば、Maid in Japanを買ってますわ。


スタンドは本当は日立ライティングの「FS2015E-H」が欲しかったんだけど売って無かったので、
少し割高なんですが山田照明の「Z-208」を購入。



で、使ってみてどんな感じかといえば…


「うーん、プロっぽいなー(棒読み)」


正直、白がキチンと白に見える様になって良くなった気がするけど…

思い込みなのか正しい判断なのかが分からなくて、明確に答えられない(笑)


ただ、満足はしてる。


個人的にはそれで良い。



【2010/02/20補足】
秋葉原の専門店でバイタライトを買った話を追加しました。


にほんブログ村 写真ブログへ



[2010/02/07 23:40] 猫(cat) | TB(0) | コメント(2)

ご無沙汰しております^^
Nostalgic SensitivityのKoichiです。
いやぁ、年末に調子に乗ってついつい5D Mk2を買ったものの、あぁやっぱD700にしておけばよかった??と日々悶々としております(笑

さて、諸事情によりNostalgicのURLが変更になりましたので、お手数ですがリンク修正をお願いします!!

新)http://nostsens.blog41.fc2.com/
でございます。

よろしくお願いしますm()m
[2010/02/08 21:31] Koichi [ 編集 ]

Koichiさん

どもどもー

リンクの方、変えておきました。

せっかく高いカメラを買ったわけですし、
割り切ってガシガシ使った方が気持ちよさそうですなっ

自分の方は今日、発表のあったレンズに興味深々でございます。
[2010/02/09 23:39] まさとん [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://jibunbox.blog64.fc2.com/tb.php/1254-7a0f1352


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。