スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



にほんブログ村 写真ブログへ



[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

本当にニコン・キヤノンのシェアに陰りが見えてきているのか? 


SIGMA DP2


今年はマイクロフォーサーズ旋風で
ニコン、キヤノンの両社の合計シェアが80%を割りそうなんだけど、
シェアを落とすのは今年だけの気がするんですよ。


短期的なシェアの比較でニコン、キヤノンに陰りが見えてるって記事を多く見るけど、
長期的にみると、陰りが見えるって気がどうしても想像できなくてね。

これが数年続けば、陰りと言っても良いと思うけど…
いまのペースでマイクロフォーサーズが売れ続ける事が可能なのかな?


やっぱり、まだまだ2社は別格だと思うし、
マイクロフォーサーズはソフト、ハード共に発展途中かなーって。

これでニコンも性能は変わらず小型軽量の一眼レフを出してくれれば嬉しいな。


まぁ、個人的には…

シグマDP2のせいで、SD15の動向をチラ見してマス(笑)
スポンサーサイト



にほんブログ村 写真ブログへ



[2009/11/30 20:51] 自然(nature) | TB(0) | コメント(4)

ビクター、HOYAからペンタックスの事業を買収するのを中断 


SIGMA DP2


ビクターの音楽部門の売却断念のニュースが流れたと同時に、
ペンタックスの買収中断のニュースが。



ペンタックスの今の状態のはあまり良い感じはしませんな。
HOYAの傘下にあるうちはペンタックスはシェアを落とし続けそうな気がしますし…


もし、デジタル一眼レフを買いたいと初心者に相談されたら、
ペンタックスは、やめた方がいいと言ってしまいそう…

頑張って商品をリリースしてるのは分かるんだけど、先が見えないので勧めにくい。
HOYAのトップが要らない言ってるし。


まぁ…
ニコンかキヤノンにしろと、無難な事を言うだろうねぇ(笑)


にほんブログ村 写真ブログへ



[2009/11/29 22:37] 自然(nature) | TB(0) | コメント(2)

シグマDP2にクローズアップレンズを付けて撮影してみた 


SIGMA DP2


今日の一枚はケンコー「ACクローズアップレンズ No.3」を装着して撮影。

色々な点で満足できる結果になったかな。
現行のコンデジで、これだけの描写を見せてくれるのはDP2だけだと思う。


前々から、もう少し寄れればと思っていたのだけど、
クローズアップレンズを使ってみて、自分が思っていた以上にストレスを感じていた事に気がついた。

もともと、ボケを多用する撮影スタイルだし、
寄ることで構図を整理しながら撮っていたから、本来の自分の撮り方が思う存分できなかったんですよね。

まぁ、約24mmのレンズで寄れないとなるとボケにくいのも当たり前ですけど。


撮影して背面液晶で確認したときに、
自分が欲しかったのは、これだと直感的に感じましたな。

本来、この距離感で撮影したかった。

なので、今回のアクセサリ追加は本当に正解だったと思う。
画質の劣化も感じられないし。


自分が今回、撮影で追加したアクセサリは以下の通り。


DP2用レンズフード「HA-21」、
・46mm→52mmのステップアップリング
・ケンコー ACクローズアップレンズNO.3
ラバーフード HR-2


HA-21はフード部分が取り外し可能なのでフードをはずし、ステップアップリングを装着。

HR-2は元々「Ai AF Nikkor 50mm F1.4D」用のねじ込み式ラバーフードなんですが、
再利用できないかと思い装着してみたら、予想外(笑)にケラれなかったので使っています。

フードは52mmのフィルタが装着できるようになっているので、
必要に応じてクローズアップレンズをつけてる感じですね。


想像してたより大きくゴテゴテしなかったのは良かったかな。


DP2の細かいレビューも書いているので、こちらもどうぞ


にほんブログ村 写真ブログへ



D700とDP2のRAWは質が良くて扱いやすいので現像するのが楽しい。 


Nikon D700 / AF-S NIKKOR 24-70mm F2.8G ED


長く現像しているとRAWの質が撮影したカメラによって違うのが
感覚として分かるんですよね(気のせい?)

D700とDP2の2機種で撮影したRAWは、
素材が良いのか綺麗に色を引っ張り出すのが楽なんですよ。

見えない何かを探りだして引き出す楽しみって言えば良いのでしょうか…


…感覚なので説明するのが困難だけどね。


他のカメラ(D200、D300、GRD2、LX3)はRAWに余裕が無いと言えば良いのか
引き出そうにも、引き出すための物が枯渇してる感じがするんですわ。


書いてて思ったのですが、RAWの耐久度の違いなのかなー


D700は暗部からクリアなデータを取るのに関して、
他のカメラには到底まねできないレベル。

暗部からノイズが浮き出しにくいし、
今まで使ったカメラの中で、飛びぬけてRAWが破綻しにくいんですよ。

現像を妥協せずにガンガンいけるのが良いね。


DP2は色と諧調の質がしっかりしていて、
軽いレタッチで納めやすいのが良いのかもしれない。

全体的にRAWの質も高いから、破綻する前に現像が終われるのかも。
暗部からノイズが出やすいのだけは気をつけないといけないけどね。




…結局、無理を聞いてくれるRAWが好きなだけかっ(笑)


にほんブログ村 写真ブログへ



[2009/11/27 22:36] 猫(cat) | TB(0) | コメント(0)

ニコンの名レンズは、この2本を推薦したいな 


SIGMA DP2


世の中には色々な人が名玉や神玉なんて呼んでるレンズが沢山ありますな。

個人的には、その人が持っているレンズの中で相対的な善し悪しを判断している事が多いので、
ネットで参考にするときは、その辺を加味しながらチェックすることが多いですね。

製品を所持しないで製品のことを語る方々を最近はエアユーザと呼ぶそうですが
レンズを評価する人も、そういう方はたまにいます。

まぁ、正直いっちゃえば聞くに値しない。


なんで自分の評価も絶対的ではないし、読み物として気軽に読んでもらえればってとこかな。


んな感じで、自分の手持ちレンズの中で名レンズってドレ?

と、個人的5段階評価(神→良→普→凡→死)で吟味してみたら神認定は2本。


AF-S NIKKOR 24-70mm F2.8G ED
AF-S Micro NIKKOR 60mm F2.8G ED


「AF-S NIKKOR 24-70mm F2.8G ED」は、自分が持っていた単焦点レンズの概念を破壊した記念碑的レンズ。

それまでは、描写にこだわるなら単焦点レンズしかないと思っていましたからね。
ズームレンズが自分の描写基準に届いていないし、これからも届く事はないとも思ってた。


それがD700に取り付けて撮影したときの驚きと言ったら…


描写と抜けの良さに、ほとんどの単焦点レンズは撃沈。
オートフォーカスも静かで速く、Dタイプのレンズとは比べようが無いわけで…

しかも、それで標準域を1本でカバーできる利便性まで兼ね備えてる。


怒られるかもしれないけど…
ほとんどの単焦点レンズは「明るさ」と「軽さ」しか魅力を感じなくなってる。


単焦点信者だった自分に、このセリフを言わせるほどの衝撃的なレンズでした。



「AF-S Micro NIKKOR 60mm F2.8G ED」は手持ちのレンズで
唯一、描写で「AF-S NIKKOR 24-70mm F2.8G ED」を超える事ができるレンズ。

少し前に使ったのだけど、
描写良し、ボケ良し、抜け良しのスーパーなレンズ。

利便性を加味してトータルで勝負すると24-70mmの方に軍配が上がるけど、
描写オンリーの勝負なら60mmの方が上ですな。

このレベルで単焦点をリニューアルされたら物欲が爆発して大変だろうなぁ(笑)

もし、マクロレンズを持って無かったら是非とも最初のマクロとして買って欲しいとこ。



もっと、こういう2本みたいなレンズに会ってみたいね。

特に一般でも買える価格帯で、
ナノクリスタルコートされたレンズが出ることに期待してますわ。


そんなとこ。


にほんブログ村 写真ブログへ



[2009/11/25 23:07] 自然(nature) | TB(0) | コメント(2)

あらら、D700の液晶が… 


SIGMA DP2


うーん、気がついたらD700の液晶表面がひび割れとる。


カメラの設定と撮ったものの色合い、ヒストグラムが確認できればよいから
支障は無いんだけど…

見ためが悪いな、こりゃ。
まぁ、大事に使ってるとかは言い難いんだけどね(笑)


みんなも気をつけよう。


にほんブログ村 写真ブログへ



[2009/11/24 22:21] 自然(nature) | TB(0) | コメント(2)

やっぱり寄れるのはいいね 


SIGMA DP2


ポップコーンの自動販売機の絵柄を一枚。

今日は液晶シェードが欲しくて出かけたんですよ。

いやね…

DP2の液晶が見えにくいと酷評しましたけど、
現実には、こいつと付き合っていくしかないのは分かってますから。

どうすりゃ見やすくなるかを模索した結果ですな。

まぁ、売ってなかったんですけど(笑)


都内まで出て、手ぶらで帰るのも面白くなかったんで、

DP2用レンズフード「HA-21」、
46mm→52mmのステップアップリング
ケンコー ACクローズアップレンズNO.3

このあたりを買ってきた。


それの試し撮り。

HA-21は思ったよりも大きくないし、左手をそえる場所が出来たのは結構いいね。

クローズアップレンズも、今のところは画質に大きな影響を与えてるとは思えないかな。
もう少し寄りたかったのが解消したのと、ピントが分かりやすくていいわー(笑)

今週末にでも、もうチョット本格的に使ってみようと思う。


にほんブログ村 写真ブログへ



[2009/11/23 22:45] 街(town) | TB(0) | コメント(2)

カールツァイスがCPU内蔵のFマウントレンズ「ZF.2」を発表したようで 


SIGMA DP2


カールツァイスのZFレンズ、いわゆるニコンFマウント互換のツァイスレンズですが
CPU搭載になるらしいですね。


CPU搭載ですから絞りがカメラ側で操作できる様になり、
D90以下のカメラでもマルチパターン測光(評価測光)ができて、Exifがキチンと残るって感じなのかな。

あと、ZF(キヤノンEFマウント互換)と違い、絞り環を残してくれてるので、
Fマウントであれば、「ある程度の古いカメラ」でもOKなのも良いね。

まぁ、カニ爪が無くなってるみたいだから「ある程度古いカメラ」までになっちゃうけど。


個人的には、すっかり絞りはカメラ側で制御する癖が付いているので、
CPUが入ることは歓迎ですな。


レンズの絞り環が少しダサくなった気がする(笑)


CPUに対応したことで、EFマウント版と同じ様にチョット高くなるんだろうなー


にほんブログ村 写真ブログへ



[2009/11/22 22:07] 街(town) | TB(0) | コメント(2)

空を青く撮影したい人のための、カメラの簡単な設定方法 


Nikon D700 / AF-S NIKKOR 24-70mm F2.8G ED


晴れた日の昼間限定なのですが、
綺麗な青空を撮りたい人向けの裏ワザです。

一眼レフでもコンデジでも可能なので、
機会があれば休日中にでも、チョット試してみてください。

手順はですな…


①ISO感度を100にしてください。もし、最低感度が200の場合は200にしてくださいね。
 以下、ISO200の場合はカッコに読み替えてちょーだい。

②カメラの設定をマニュアルにセット。

③絞りをF5.6、シャッタースピードを1/800秒(1/1600秒)に近い値にする。


設定が終わったら、いつものとおり撮影してみてください。
ただし、太陽が出てて日向限定ですけどね。


自分が思いついた法則では無いのですが、
いつもと違う色が出て楽しいと思いますよ。

それなりに有名な設定方法ですが、紹介って感じですな。


実は、手順③での組み合わせは以下でもいけます。
ISOが100の場合はそのまま、200の場合は秒数を2倍で計算してちょーだい。


F16 : 1/100秒
F11 : 1/200秒
F8.0 : 1/400秒
F5.6 : 1/800秒
F4.0 : 1/1600秒
F2.8 : 1/3200秒
F2.0 : 1/6400秒


にほんブログ村 写真ブログへ



[2009/11/21 01:09] 街(town) | TB(0) | コメント(2)

【レビュー】総括としては「SIGMA DP2」は峰不二子なカメラ 


Nikon D700 / AF-S Micro NIKKOR 60mm F2.8G ED


--------------------------------------------------
DP2レビュー目次

第一回:「SIGMA DP2」の飛びぬけた才能
第二回:「SIGMA DP2」の良い点
第三回:「SIGMA DP2」のイマイチなところ
第四回:「SIGMA DP2」の残念な液晶について
第五回:総括としては「SIGMA DP2」は峰不二子なカメラ

番外編:シグマDP2にクローズアップレンズを付けて撮影してみた
--------------------------------------------------


今回、レビューも最終回デス。

総括いきますよ。


DP2のカメラとして、良いところと悪いところの比率は
3:7ぐらいだと思っています。

これを撮影する人のスキルで、
どれだけ埋められるかに掛かってるんじゃないかな。


悪い部分が7割あっても、
致命的な欠点では無い部分も多いので、スキルでカバーできるんですよね。

しっかりカバーが出来れば6:4ぐらいの比率まで持っていけるんじゃないかな。

良い部分が5割を超える事ができるユーザは、使いにくくも愛着を持って接すると思えるし、
悪い部分が5割を超えれば、使わないカメラになると思う。


愛着を持って扱えば7:3ぐらいの気持ちは持てるかも知れないけど、
それ以上は神の領域な気がするYO!


レビュー書いてる本人はどうかって?

5:5ぐらいで、ビミョーですな。

液晶の質が良ければ、
名前を付けて、添い寝しても良いぐらい愛でてあげたのに(笑)



そんな感じなので初心者の人にとっては3:7のカメラですから、
悪い部分が目立ってしまうと思うんですよ。

最初の一台にするのは避けた方が良いと思いますよ。
撮影自体に慣れるまでは、画質よりも楽しめるカメラを使った方が良いと思ってる人なので…


逆に週末になると撮影気分になってくる中毒者(笑)ぐらいになると、
工夫しながら撮影するんじゃないでしょうか。

ゴールに良質な画像が待っているのが分かっているので、
なんだかんだ言っても頑張る気には、させられるんだよねー


峰不二子っぽい魔性な感じがするよ。
ワガママ、裏切りがあっても受け入れたくなるルパンの気持ち?(笑)


そうだっ

今日から、自分のDP2をフジコと呼ぼう。
添い寝はまだしない。

「こら~ フジコ~」

ルパン的なセリフを、これから何度も言わされるんだろうな(笑)



まぁ、そんなとこですな。


にほんブログ村 写真ブログへ



【レビュー】「SIGMA DP2」の残念な液晶について 


Nikon D700 / AF-S Micro NIKKOR 60mm F2.8G ED


--------------------------------------------------
DP2レビュー目次

第一回:「SIGMA DP2」の飛びぬけた才能
第二回:「SIGMA DP2」の良い点
第三回:「SIGMA DP2」のイマイチなところ
第四回:「SIGMA DP2」の残念な液晶について
第五回:総括としては「SIGMA DP2」は峰不二子なカメラ

番外編:シグマDP2にクローズアップレンズを付けて撮影してみた
--------------------------------------------------


DP2のレビューも今日で4回目。

今日は液晶に対しての不満点が炸裂だっ(笑)


高画質を得るのを引き換えに、動作の緩慢さを我慢する事はできるんですよ。

APS-Cで、このカメラの大きさって言うのも結構、無理してますし、
レンズの繰り出しとかを考えるとAFの遅さとかは容認できるんですが…


ただ…

液晶がクソという一点だけで、
非常に使いにくいカメラになってしまっているのよ。

非常に残念な点ですな。
正直、これが無ければもっと使いたいカメラになると思うんだけどねー


家に帰って撮った写真をじっくり見てみたら、
ピントがズレていてガッカリな事が他のカメラより多いんですわ。

それは撮影時にピントの山が認識しにくいからなのよね。


一枚撮るたびに撮影した画像を拡大してピントチェックをすれば避けられるが、
そこまで自分がしなければならないものなのだろうかって思うし。

まぁ、撮ったものを見るのも当然、カメラの液晶だから確認しにくいけど…

撮る時点に液晶でしっかり認識できればと、いつも思ってしまうのよ。


AFが緩慢なのを、使いやすいMFで補うにも液晶がクソで使いにくい。
やっぱりピントが分かりにくい。

せっかくマニュアルフォーカスが使いやすい感じなのにもったいない…


撮った画像のチェックをしようにもこれまた…
家のPCで閲覧したときにDP2の描写を正しく判断できる状態なのよね。


自分がDP2に関して不満と思わせるのは、ほとんどが液晶がらみですな。


だってね…

もし、野心的で心躍る機能をもったデジタル一眼レフがあったとして
ファインダを覘いたら「写ルンです」みたいだったらガッカリでしょ?

そういう気持ちになっちゃうんだよね。


今日でレビューは終わりにしようと思ってたんだけど、
ここだけ読むと、あまりにもネガティブな終わり方になっちゃうんで明日にでも総括を。

明日がDP2レビューの最終回デス。


にほんブログ村 写真ブログへ



【レビュー】「SIGMA DP2」のイマイチなところ  


Nikon D700 / AF-S Micro NIKKOR 60mm F2.8G ED


--------------------------------------------------
DP2レビュー目次

第一回:「SIGMA DP2」の飛びぬけた才能
第二回:「SIGMA DP2」の良い点
第三回:「SIGMA DP2」のイマイチなところ
第四回:「SIGMA DP2」の残念な液晶について
第五回:総括としては「SIGMA DP2」は峰不二子なカメラ

番外編:シグマDP2にクローズアップレンズを付けて撮影してみた
--------------------------------------------------


さて、本日はDP2のイマイチな点を上げていきますか。


初めに言っておきますが、イマイチな点が大量にあるわけで…
ただし、個人的には高画質を得るのを引き換えに我慢できる部分でもありますな。

数が多いので、箇条書きで(笑)


■オートフォーカスが遅い
動いている被写体をオートフォーカスで撮るのは無理があるスピード。
マニュアルフォーカスで追いかける方が速いかも。


■シャッターラグがある
オートフォーカスが遅いうえにシャッターラグがあるので、
ますます、動くものに関しては厳しいと言える。

動きものは、頑張っても置きピンが限界かな。


■オートフォーカスのピントが合いにくい
チョット暗かったり、コントラストの差が少ないものは合いにくい。
他のカメラはもうチョット頑張ってくれる気がしますな。

AFポイントが大きいので、自分の合わせたいもの以外にピントをよく合わせたりもするのよね。


■ISOが400ぐらいまでが限界
ISO100~200までなら問題の無い画質であり、ISO50についても使えるが
ラティチュードが狭まるらしいので、ISO100をデフォで使ってます。

ISO400は使えなくはないが、出来ればISO200までで抑えたい気持ちが出てくる。


■UIが分かりにくい、そして動きがモッサリ。
一般的な感覚で操作出来ないのが悩ましい…
自分が一般的なのかは難しい話ですが(笑)、シグマルールで動くUIが取っつきにくい。

電源を入れて、すぐにボタンを押しても反応しないのも痛い。


■AWBについてはデイライト固定で撮るユーザなのでよくわからんデス。
他のサイトを見て頂ければ(笑)


■バッテリーはフル充電で150~200枚程度
自分の撮り方は、液晶を見ながらジックリと構図を決めて、
オートフォーカスでピントを合わせてRAWで撮る感じですね。

撮り終わったら電源OFFで、この枚数です。

自分の場合は、予備バッテリーを1個持って撮っています。


■ホールド感は問題を感じない、ただ素晴らしいとも言えない
正直、特に気にしていません。


■フリーズは1回だけ起きたがファームver1.03を入れてからは問題は起きてない
できれば、もう起こって欲しくないなぁ


■ポケットには入らない大きさだが、持ち運びには難なし
ポケットに入れて持ち運べるのが最低条件ならNGなサイズです。
自分は首から下げっぱなしだったり、薄手のウエストバッグに入れているので
今のところ支障はないデスね。


■JPEGは使えない、実質RAW専用機
RAWで撮ってフォビオンの良さを現像で引き出すのがDP2のルールな気がするぐらい
JPEG画像はイマイチな感じ。

おまけ機能と思った方がいいかも。


■レンズキャップは邪魔、LC-1みたいなのが欲しい
一応、LC-1を改造して使えるらしいが純正があれば欲しい。
レンズキャップをつけっぱなしで電源ボタンを押してしまい、外せというエラーを何回みたことか(笑)

いつか落として無くすと思う。


■電源ボタンが押しにくい
なんで、ここの配置になったのかなって自分は思ってます。



で、ここまでは個人的には許せるのですが…

これだけは超不満。



液晶がクソなこと。



で、液晶がらみで思いつくことを書いてみたら
なかなかな文章の長さに…(笑)

明日にでも細かい理由を書いてみようと思うのでチョット待ってて。


にほんブログ村 写真ブログへ



【レビュー】「SIGMA DP2」の良い点 


Nikon D700 / AF-S Micro NIKKOR 60mm F2.8G ED


--------------------------------------------------
DP2レビュー目次

第一回:「SIGMA DP2」の飛びぬけた才能
第二回:「SIGMA DP2」の良い点
第三回:「SIGMA DP2」のイマイチなところ
第四回:「SIGMA DP2」の残念な液晶について
第五回:総括としては「SIGMA DP2」は峰不二子なカメラ

番外編:シグマDP2にクローズアップレンズを付けて撮影してみた
--------------------------------------------------


昨日の続きでDP2の、いくつかの良い所を紹介ですな。


まず、現像する点から見ると、サクサクと現像できて非常に良い。

DP2は1406万画素とアナウンスされているんですよ。

ただ、正確には「フォビオン」は1画素で赤、青、緑の情報を取得する為に、
約468万画素の3層で成り立っていて、そのトータルが1406万画素なんですわ。

その為、出力される画像のピクセルサイズは約468万画素なんだよね。

画素数が少ないゆえに、現像時にPCの負担が少なくてサクサクなのだ。
(ちなみに付属のSIGMA Photo ProでTIFF(16bit)化してNikon Captuer NX2で現像してます)

画素が少ないから駄目と思う人もいるかもしれないが、それは大きな間違えだと思う。

大きく引き伸ばしたいなら厳しいが、
他には無い描写力なので、このピクセルサイズでも通常に使う分には十分使い物になる。

個人的には1、2世代前の1000万画素ある一眼レフカメラよりも
DP2の方が描写が優れていると感じるし、現役の一眼レフにも負けてないと思う。


次にラティチュードが広い点。

白飛びや黒つぶれがしにくくて良い感じ。

以前、何かでDP2のラティチュードのテストデータを見たんだけど、
一眼レフと同等かそれ以上のラティチュードを持っているみたいデス。

ただし、現像で暗い部分を引き出そうとするとノイズが思った以上に出てくるのよね。
まぁ、D700と比べるのは酷だと思っているけど…


あと、シンプルでややチープな感じの本体は撮影時に威圧感が無くて良いですね。

一眼レフを使ってるときと比べると、
ここまで気にされないのかと思うぐらい存在感が無いデス。


そして、小さくて軽いこと。

他のコンデジと比べれば大きいんでしょうけど、
マイクロフォーサーズ機や一眼レフと比べれば、嬉しいほど小さく軽い。

それなのにAPS-Cサイズのイメージセンサーが実装されてるのだから大したものですな。


MFダイヤルは使いやすいのですが、
他の部分で致命的なとこがあるので、そこでスポイルされているのが残念。

何にスポイルされているかは、明日にでも書きます。


こんな感じかなー


明日からは、イマイチな点を書いていきますよ。
正直、フルボッコです(笑)


にほんブログ村 写真ブログへ



【レビュー】「SIGMA DP2」の飛びぬけた才能 


Nikon D700 / AF-S Micro NIKKOR 60mm F2.8G ED


--------------------------------------------------
DP2レビュー目次

第一回:「SIGMA DP2」の飛びぬけた才能
第二回:「SIGMA DP2」の良い点
第三回:「SIGMA DP2」のイマイチなところ
第四回:「SIGMA DP2」の残念な液晶について
第五回:総括としては「SIGMA DP2」は峰不二子なカメラ

番外編:シグマDP2にクローズアップレンズを付けて撮影してみた
--------------------------------------------------


そろそろ「SIGMA DP2」のレビューでもしてみようかなー


って、書き出したら相当な文章量になってきたので、
四回に分けてレビューしていこうかなって感じデス。


さてさて…

DP2の個人的な印象を簡単にまとめると、


一つ飛びぬけた才能を持ち、
いくつか良い点があり、
さまざまな点が平凡か、それ以下で、
一つ飛びぬけて駄目なところがあるカメラ。


こんな感じかな。


まず今回は、飛びぬけた才能から。

色々と難点があるカメラではあるけど、
イメージセンサー「フォビオン」とレンズが見せる描写に関しては素晴らしいの一言ですね。


「フォビオン」の特性を説明しておくと、

光の三原色(赤、緑、青)の受け止める方法が他のイメージセンサーとは違うんですな。

一般的な一眼レフ、コンデジで使われているイメージセンサーのCMOS、CCDは
1画素で1色しか判断できないんですよ。


大雑把に言ってしまうと1000万画素の一般的なCMOSは、
500万画素が緑しか反応しない領域、赤と青しか反応しない領域が各250万画素で出来てます。

赤に反応する場所を通った光は、明るい赤か暗い赤を判断して他の色はシカトです(笑)


このままじゃ、色情報が欠落しまくっているので補間処理が行われます。

画素情報をかき集めて、カメラが「たぶんこんな色だと思う」

って感じの集合体が、RAWなりJPEGファイルとして出力されるんですよ。



それに対して「フォビオン」は、1画素で全ての色を判断が可能。

その為、他のデジタルカメラの「たぶんこんな色」という処理が入らないので、
不確かな色が入らず、かつ曖昧さが無いので細かいところまで記録が行われるって感じですね。

そのお陰で、シャープで立体感のある画像を得ることができるって感じです。


これは等倍で比較すると分かりやすいんですよ。

DP2は等倍でも何を撮ったのか分かるぐらいキチンと描写するのに対し
他のカメラの等倍ではドットの塊にしか見えないわけで…


この微細なところまで描写ができるのがDP2の最大で唯一の魅力ですな。

微細な描写が出来る故に、素晴らしい全体像を得ることができるし、
それに応える事ができるレンズが搭載されてます。


「百聞は一見に如かず」


ここまで難しい事を書いてきましたけど、一度使ってみれば違いを感じとれると思いますよ。
自分は「銀塩色」を出してくれるカメラだと思ってます。


あと、映像素子が大きくボケを多用する撮影スタイルの自分には、
DP2は唯一無比の選択でもあったかな。



明日は、それなりに良い点について。


にほんブログ村 写真ブログへ



携帯電話を10年以上使って、今更こんな基本機能を知るとは… 


Nikon D700 / AF-S NIKKOR 24-70mm F2.8G ED


いやいや、今日ですな…
眠気が覚めるぐらいのビックリしたことがありましてね。


携帯電話でメールを打つじゃないですか。
ボタンを何度も押して文字を選択してると、通り過ぎることってありますよね。

「ムキョー」

って心の中で憤るじゃないの(笑)


あれ、通り過ぎたときにENTERキーを押すと前に戻るのね…

今日知りましてビックリしましたよ。
10年以上、携帯を使ってるのにこんな横綱級のウルテクがあったとは…

まぁ、知らなかったの自分だけなのかもしれないけど(笑)


にほんブログ村 写真ブログへ



[2009/11/14 22:12] 街(town) | TB(0) | コメント(0)

オリンパス E-P2が国内でも正式発表されましたね 


Nikon D700 / AF-S VR Zoom-Nikkor ED 70-300mm F4.5-5.6G(IF)


E-P2が国内でも正式に発表されましたね。

発売は12月と競合機の「GXR」とガチンコ勝負になりそう。


最近、海外で発表されてるけど日本では発表されない。

つまり日本発売しないパターンがあるので、
興味があった人にはとりあえず、朗報ってとこかな。


ニコンはそういう話を聞いたことは無いけれど…
これからも、こういう売り方はやらないで欲しいとこデス。


某廉価フルサイズに、ぬか喜びさせられて、
血の涙を流した人もいただろうから。


にほんブログ村 写真ブログへ



[2009/11/12 21:07] 猫(cat) | TB(0) | コメント(2)

ゆっくり現像するぐらいの時間が欲しいねぇ 


Nikon D700 / AF-S NIKKOR 24-70mm F2.8G ED


仕事が忙しくてベヨネッタに会う時間もねぇ
ノリが良くて、いい具合に頭が悪いところが自分好みですな。

疲れを落とさないと明日、良い仕事ができなくなっちゃうのでさっさと寝ちゃいます。
そんでわ。


にほんブログ村 写真ブログへ



[2009/11/11 23:37] 街(town) | TB(0) | コメント(0)

リコーの新型ミラーレスカメラ「GXR」が斜め上すぎた件 


Nikon D700 / AF-S NIKKOR 24-70mm F2.8G ED


ちょっ、
リコー、勇者すぎるだろ。 これ。

新機軸すぎてビックリだよ。


まず、このカメラの特徴といえば、

レンズとイメージセンサーが一体化していて、
それをカメラに取り付ける方式を採用している点ですね。


「イメージセンサー付きレンズ」みたいな感じで、
リコーはこれを「カメラユニット」と呼ぶみたいです。


しかも、レンズによってイメージセンサーのサイズが変えられるっ

レンズを小さくしたければイメージセンサーも小さくして機動力を確保。
画質重視の作りにするならレンズもイメージセンサーも大きくして対応。

値段に跳ね返るけど、合理性がありますな。



うーん、この発想はイカしてる。

正直、マイクロフォーサーズが発表されたときは面白いのが出てきたなって思ったけど、
こいつの発表には衝撃が走ったよ。


しかも、「カメラユニット」は画像処理エンジンを搭載するそうだ。

…これって、フォビオン搭載の可能性だってありって事だよね。
シグマは外販するぞって言ってるし…

DP2とGRD2のユーザとしては、良いとこ取りは夢の様な話なんだよねぇ。


今回は2本のレンズが発表されたけど共に画像処理エンジンは別物が載ってるし、
イメージセンサーのサイズも違うし片方がCMOSで、もう片方がCCD。


狙ったとは思うけど、インパクトあるなぁ



そうなるとカメラ側ってイメージセンサーと画像処理エンジンを載せなくなるのだから
とりあえず、ボディのコストは落として欲しいところ。

液晶が92万画素の3型TFTなのでEVFを使わない人には嬉しいかも。


ちなみに世界最小のレンズ交換式カメラだそうデス。



28mm単焦点を出さなかったのは、GRD3の売り上げに影響ありだから?
そのうち出るのかな。



とりあえず野心的なカメラで惚れたYO!


にほんブログ村 写真ブログへ



[2009/11/11 00:22] 自然(nature) | TB(0) | コメント(0)

リコーの噂の新型カメラが明日、発表される!? 

20091107.jpg
Nikon D700 / AF-S NIKKOR 24-70mm F2.8G ED


明日、リコーがデジタルカメラの発表会をするんですが、
今回の注目度は、いつもとは違う。


前々からネット上で噂になっていた、
ミラーレスのカメラが発表されるのではと期待が高まっているためですな。


珍しく、今の時点でも確定した噂が出てない状態なんですよね。

APS-Cの独自仕様なのか、
それともレンズ交換ができるGXシリーズに準拠したコンデジなのか。

色々とは話が出ている訳ですが…



さてさて…
明日は、どうビックリさせてくれるか楽しみデス。

肩すかしでビックリだけは無いといいな(笑)


にほんブログ村 写真ブログへ



[2009/11/09 23:25] 街(town) | TB(0) | コメント(0)

レトロ調のRAW現像は需要があるのかしら? 


Nikon D700 / AF-S VR Zoom-Nikkor ED 70-300mm F4.5-5.6G(IF)


ネガフィルムで撮影したって感じの現像をしてみたんですけど…

「これ需要あるのか?」

と、自分自身に突っ込んでみたりしてます(笑)
やっぱり、見られてナンボですし。


レトロ調の現像を売りにする人は少ないので、覚えておいて損はなさそうかな。

たまに昭和風現像でもして遊ぶことが多くなるかも。


にほんブログ村 写真ブログへ



[2009/11/08 22:22] 街(town) | TB(0) | コメント(6)

思い出のゲーム機はメガドライブでした 


Nikon D700 / TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO 1:1


久しぶりにゲームを買ってきたんだけど結構、楽しい。
指が追いつかないけど(笑)

昔は結構なセガフリークだったんですよ。
B級臭さが抜けないゲームがセガには沢山あって好きだったんですよね。


主流を選らば無いのは、ニコンを選んでる時点で今も変わってないのかな(笑)





にほんブログ村 写真ブログへ



[2009/11/07 20:55] 自然(nature) | TB(0) | コメント(0)

「ニコンFマウント50周年記念キャンペーン」ってやつをニコンダイレクトでやるらしい 


Nikon D700 / AF-S NIKKOR 24-70mm F2.8G ED


ニコンダイレクトで、「ニコンFマウント50周年記念キャンペーン」っていうのをやるらしいんですよ。

交換レンズか3万円以上の買い物をニコンダイレクトですると、これがもらえるらしい

これ絶対、サービスセンターにハズしてくれって持ってくる奴いるがいるんじゃないの?(笑)


にほんブログ村 写真ブログへ



[2009/11/06 22:52] 街(town) | TB(0) | コメント(0)

OLYMPUS E-P2が発表! 949ユーロで2010年1月に発売予定 


Nikon D700 / AF-S NIKKOR 24-70mm F2.8G ED


今日を含めて3日連続で、電車が写っている写真を載せてあるんですが
都内は電車がバンバン来てくれるので楽ですね。

写真のアクセントとして電車待ちができる。

まぁ、すぐに来てくれるの条件ですけど。
電車が来るのに数十分待てるほど、自分には鉄道愛が無いので…(笑)



話は変わって、海外でE-P2が発表になりましたね。


発売は来年1月を予定してるみたいですよ。

本体サイズは120.5×35×70mm、本体のみの重量は約335g、
1200万画素で秒間3コマ、液晶ディスプレイは23万画素だそうデス。

噂通り、144万画素のEVFもついているので
どういう感じで見えるのか気になりますなー

値段は949ユーロ、日本円だとこれくらい
国内の販売は今のところ未定ですが。


あとは、レンズのロードマップが発表されたましたね。


目を通してみましたけど、もうしばらくはラインナップの寂しい状態が続きそうな感じ。


にほんブログ村 写真ブログへ



[2009/11/05 23:09] 街(town) | TB(0) | コメント(0)

「ビクター」が「ペンタックス」を買収か!? 


Nikon D700 / AF-S NIKKOR 24-70mm F2.8G ED


ペンタックスが売られるそうですが
HOYAから要らない子扱いされてた一眼レフ事業だったから、こうなったのは驚く事では無いですな。

HOYAもビクターも否定はしてますけど、火の無い所に煙は立たぬってところな気がしてます。


あの強姦ばりの合併は何だったんだろ。

医療分野のおいしい部分だけシャブられて、
金にならない一眼レフは捨てられたって感じなんだろうけど…


ビクターでは大事にしてもらえるといいね。


しかし、売られた先が日本企業で良かったよ。
今までの提携関係とかを考えると、サムスンの名前しか出てこなかったから。


にほんブログ村 写真ブログへ



[2009/11/04 23:26] 街(town) | TB(0) | コメント(2)

作り途中の東京スカイツリーを見てきた 


Nikon D700 / AF-S NIKKOR 24-70mm F2.8G ED


建設中の東京スカイツリーを見てきた。
出来たものはいつでも見れるんだろうけど、作りかけのものは今しか見れないしね。

建設中のツリーを見に来てる人が思ったより沢山いましたよ。


近くで撮ろうと思ったけどデカ過ぎてフレームに入らず…

本日の高さって表示があって191メートルって書いてあった。
そうなると、まだ3割ぐらいの高さなのね…(完成は634メートル)

見上げた写真が増産されていくのが嫌で、徐々にツリーから離れて撮影(笑)


初めて降りた押上駅は下町のイメージだったけど、
これが完成したら、あっという間に街の色が変わっていくんだろうな。


にほんブログ村 写真ブログへ



[2009/11/03 21:52] 街(town) | TB(0) | コメント(0)

なんか悲しくなってきたYO!(笑) 


Nikon D700 / AF-S NIKKOR 24-70mm F2.8G ED


前から欲しい「Carl Zeiss Makro Planar T* 2/100 ZF」で撮られた写真を
ガンレフでチェックしてたんだけど…

やっぱり、美しいボケと描写力にウットリしてしまった。


ただ、高くて買えないのが分かってるから見てて悲しくなってくる(笑)


にほんブログ村 写真ブログへ



[2009/11/02 23:03] 自然(nature) | TB(0) | コメント(2)

うーん… モノクロ写真を仕上げるのは難しいねぇ 


Nikon D700 / AF-S VR Zoom-Nikkor ED 70-300mm F4.5-5.6G(IF)


RAWのモノクロ処理は、よくわからない事が多い。

カラーで現像する時と同じワークフローだと、何か違和感が残る。
その違和感が何かがワカランねぇ…

まぁ、現像し続けるうちに気がつくでしょう(笑)



最近、時間が無くて一日中撮影できるチャンスが巡ってこないのよね。

近場でも良いから、たっぷりと撮影できるタイミングが欲しいとこですな。

少し前に沢山撮っておけるタイミングがあってよかったよ。
ブログに載せる写真が無くて困るとこだった(笑)


今は建設中の東京スカイツリーを見てから、
下町をダラダラとスナップしながら歩きたいもんです。

火曜日の祝日は一日使えそうだから、晴れてほしいなぁ


そうそう…

東京スカイツリーの名称が未定だったときに、
候補に挙がってた名称って結構、ヒドくて笑った記憶が(笑)


にほんブログ村 写真ブログへ



[2009/11/01 22:27] 街(town) | TB(0) | コメント(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。