スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



にほんブログ村 写真ブログへ



[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

御贔屓ありがとうございます 


Nikon D700 / AF-S Micro NIKKOR 60mm F2.8G ED


どもども…


昨日、カウンターの数字が300000を突破した感じデス。
御贔屓ありがとうございます。

今年に入って見てくれてる人が増えたのか、
初めて1ヶ月間のトータルカウントが30000を超えました。
御贔屓ありがとうございます。

去年、記事が気に食わなくて謝罪を要求された方。
御贔屓ありがとうございます。

相変わらずフィルターをうまい具合で、すり抜けるスパムコメントたち。
御贔屓ありがとうございます。

去年、何回か口コミっぽく商品を紹介してくれと依頼してきた企業の方。
んなの書かねーYO!

ブログ村のリンクを押してくれた方。
御贔屓ありがとうございます。

検索で飛んできてくれた方。
御贔屓ありがとうございます。

毎日、自分ボックスをチェックしてくれた方。
御贔屓ありがとうございます。


通過点とは思いながらも、色々な事に感謝ってとこデスね。
まぁ、やりたい放題なのは変わらないかな。


んな感じ。
スポンサーサイト



にほんブログ村 写真ブログへ



[2009/01/31 02:02] 街(town) | TB(0) | コメント(0)

書いてて泣きたくなってきた(笑) 


Nikon D700 / AF-S NIKKOR 24-70mm F2.8G ED


街スナップをしてるときに、カメラのグリップを右手で握って歩いていると、


「これが女性の手だったらデートだなぁ」


なんて切に思う(笑)


にほんブログ村 写真ブログへ



[2009/01/29 22:23] 街(town) | TB(0) | コメント(2)

綺麗な写真が、必ずしも良い写真では無い 


Nikon D700 / AF-S Micro NIKKOR 60mm F2.8G ED


今日、仕事中に気がついた。

「綺麗な写真が、必ずしも良い写真では無い」

そんなことを…



最近、気になる写真ブログがあるんですが撮影の技術的には、

「まだ、学ぶ事が多いだろうなぁ」(偉そうでスンマセン)

って思うんですけど、更新される度に見に行っちゃう。


何故に、その人が撮る写真が気になるかが分からなくて
結構、前から考えてたんですけど仕事中に突然閃いた(笑)

それが、冒頭に書いた「綺麗な写真が、必ずしも良い写真では無い」って事なんですよね。


何に惹かれてたかと言えば、

「写真と文章を見たときに物語があり、撮影者の人間性が滲み出てる」

こんな感じでしょうか。


これは、撮影の技量とは関係ない世界。
撮影者の生き方、考え方が写真と文章を通じて伝わってくるんですね。


最初に偉そうな事を書いてしまったので、サイトを紹介する訳にはいかないのですが、
共感できるし、その人の良さが自然に伝わってくる。

ブログのときだけの作られた人間性でもないと思うし、着飾った物言いもしない。

うーん…
表現したいものに無駄なものが無い、不純物が無いって感じですかね。


それが、そのサイトを魅力的に感じてた理由だと書きながら気がついたよ(笑)

よくよく考えると、自分が定期的に見に行く写真ブログは、
撮影の腕前もさることながら、撮影者の人柄も見てた気がするんですよね。

面白いことに、撮影技術や機材に重きを置いている写真ブログは、
記事をありがたく読むけど、写真に関しては共感したこと無いかもしれませんね…

っつーか、ここかっ このサイトかっ(笑)


で、自分が目指している方向を見ると撮影技術だけを重ね続けてるんですよ。
自分が魅力と感じてる方には向かってないんですよねー

勘違いしてると言われるかもしれないけど、
自分は撮影の回数を重ねていけば、もっと綺麗な写真を撮れる様になれると思ってます。

ドラゴンクエストですわ。
経験値が上がれば、レベルアップしますから。


ただ…

もっと良い写真が撮れるかと言われると今のままだと、いつか頭打ちしそう。
これは、撮影の技量を上げてもレベルあがらなそうだしね。


生き方の問題なのかなー

人間性が伝わる様な写真なんて、今の自分には到底無理。
全てがエセで生きてますから(笑)


技術と人間性って相反する属性だから、
どちらかを選んで伸ばした方がある程度までは上達が速そうな気がしますが…


まぁ、自分は欲張りデスから技量と人間性、両方選びますよ(笑)
いつかは、人間臭さがプンプンな写真が撮れる様になりたいデス。

まずは日頃の行いからかーっ


にほんブログ村 写真ブログへ



[2009/01/28 21:02] 街(town) | TB(0) | コメント(10)

今度、容量不足になったら400GB対応のブルーレイドライブが出てたらいいなぁ 


Nikon D700 / AF-S VR Zoom-Nikkor ED 70-300mm F4.5-5.6G(IF)


デジタル一眼レフカメラのデータを格納している専用の外付けのハードディスクドライブ(HDD)が
あるのですが、そろそろ容量が少なくなってきたので新しいのをと考えてるんですよ。

外付けHDDの容量が少なくなる度に、
大容量メディアがあれば乗り換えたいと思って調べたりするんですが、
今のところは良いのが無いデスねー


現状だと、ブルーレイディスク(BD)の50GBが無難な選択になるんですが、
まだ、画像保存用としては容量が少ない。

まぁ、BDの規格を調べると既に400GBを詰め込む技術が確立されているそうなので、
これが適度な価格で普及するときが、乗り換えのタイミングなんだろうなあ。


次回、外付けHDDを検討する時には実用化されてると嬉しいとこデスね。



外付けHDDを買い足す度に1万円前後の商品を買ってるんですよ。
前回は300GBの容量だったんですが…

今は同じ値段で、1TB(1000GB)のHDDが買えちゃうんですな。
今まで4台の外付けHDDを買ったんだけど、その総容量より多いですから、
使い切るのに数年は掛かりそう。



ちなみに面倒なので、今までバックアップは取った事ないです。
消えたら悲しいけど、それほど時間と費用をかける物でもないんでねー

400GBのBDの商品化と外付けHDDの寿命の、時間の戦いですな(笑)


にほんブログ村 写真ブログへ



[2009/01/27 22:32] 動物(animal) | TB(0) | コメント(0)

【レビュー】DK-17MとDK-19でD700のファインダを見やすくしよう 

20090202.jpg
Nikon D300 / AF-S Micro NIKKOR 60mm F2.8G ED


現役のニコンのカメラで丸型ファインダを採用しているのは、
D300を除くプロ用一眼レフカメラと中級機のD700。

プロ用カメラのファインダの出来は語れませんので、自分の愛機でもあるD700で話を進めていきましょうか。


名機と言われる様な銀塩一眼レフカメラや、最近だとα900のファインダを見てしまうと
D700のファインダは、まだまだ余地を残しているのが分かってしまうんですよね。

自分個人としては、D700のファインダではマニュアルフォーカスで瞬時にピントを合わせるのは
とっても難しいデス。


しかし、今ある現状は変わらないので、今のファインダを見やすくするアイテムを2つ紹介。


マグニファイングアイピース DK-17M
接眼目当て DK-19


DK-17Mはファインダ倍率を約1.2倍にする事ができるアイテム。

つまり、ノーマルの状態よりファインダ内の被写体、カメラの情報などが
1.2倍の大きさになり、ピントの山もつかみ易くなるんですよね。


ただ、デメリットもありまして…

1.2倍になることで、ファインダ内の中心部分は見やすくなるのですが、
視野に入りにくいファインダ外側の情報が、より外側に1.2倍移動する事になるんですよ。

視野角は個人によって違うので何とも言えませんが、ファインダの外側に表示される情報が
視野から外れてしまう、つまりケラレてしまう可能性を持っています。



これを補う為に使うのがDK-19。


ケラレを避ける簡単な方法として、ファインダを覗く目の位置をより近づける事により
このケラレを解消・改善する事ができます。

当たり前な話ですけど、ファインダに目を近づければファインダの端も見えやすくなりますよね。


DK-19を使うと、カメラと顔の目の部分が密着することになるので、
自然にファインダと目の位置が近くなります。

また、密着することで外部からファインダにあたる光の反射が無くなり、
ファインダ内が見えやすくなるんですよ。


あとはDK-19と顔が密着されることで、カメラがよりシッカリと固定されて
ブレにくくなる効果もありますね。


難点と言えば、カメラと目が密着される事でファインダが曇りやすくなるということかな。
これは、曇り止めを塗っておきましょう。



この二つをつけると結構、ファインダが見やすくなります。

まぁ、正直いうと改善されるっていうレベルなので、
ニコンの名機F3や、ファインダに定評があるソニーα900を超えてるとは言えませんが…

ただ、付けない時よりは明らかに見やすくなることは請け合いかな。


難点は、従来よりファインダ部分が出っ張ることですかね。

カメラバックに引っかかってしまう場合があるかもしれません。
自分はいつも肩から下げてるので問題は無いですが…

あとはメガネをかけてる人は結構、ケラレやすいと思うので、導入はよくよく考えた方が良いかもしれませんね。



導入費用としては、量販店で5000円ぐらいでしょうか。

もし、導入したら最初は像がニジんで見えると思うので、カメラの視度調節ノブで調整してから
使うことを忘れないでください。



個人で使ってる感想はケラレないですし、ファインダは見易くなりました。
これ無しで撮影ができない体になっちゃったYO!(笑)


にほんブログ村 写真ブログへ



なんてこったい 今年も悪い病気が出たYO! 


Nikon D700 / AF-S VR Zoom-Nikkor ED 70-300mm F4.5-5.6G(IF)


本格的に撮り始めて3回目の冬なんですが、今年は大丈夫だと思ってたんですよね。


去年、一昨年と、この時期になると納得できる写真が撮れなくなってたんです。

冬って他の季節と比べると華のある被写体って少ないじゃないですか。
当時は、冬から伝わるイメージを感じ取る力が弱かったんだと思ってたのよ。


3年目の今年は、もう少し自分の被写体感知レーダーが高性能になってたと期待してたんですけど…

例年通り、1月終わりから桜が咲く頃までコレが続くのかな~


困ったもんです。

やっぱり、寒さで気持ちが萎えてるだけなのかしら(笑)


にほんブログ村 写真ブログへ



[2009/01/25 23:10] 猫(cat) | TB(0) | コメント(6)

撮影でも仕事でも大事にしてること 


Nikon D700 / AF-S NIKKOR 24-70mm F2.8G ED


自分に対する自戒を今日は書いとこ。


才能が無いからとか、時間がとか、初めてだからとか言う人は何事も上達しない。
上達して理解したとピリオドを打ったら、それ以上伸びない。

カメラだけじゃなくて、全ての事柄で大切な事だと思う。


にほんブログ村 写真ブログへ



[2009/01/24 23:16] 街(town) | TB(0) | コメント(2)

最近、カバンに突っ込んでるレンズ達を紹介してみた 


Nikon D700 / AF-S VR Zoom-Nikkor ED 70-300mm F4.5-5.6G(IF)


なんか、良いネタが思いつかないので身近なネタで(笑)
撮影するときに、どのレンズを持って行ってるかで書いてみましょうかねー

レンズはカバンに多くて3本、肩から提げてるカメラに1本のマックス4本で撮影してます。
重いのが鬱陶しい時は、カメラとレンズ1本の、まさしく一本勝負(うまいっ)


最近、カバンにほぼ確実に突っ込んでるレンズはこの2本。

AF-S NIKKOR 24-70mm F2.8G ED
AF-S VR Zoom-Nikkor ED 70-300mm F4.5-5.6G(IF)

70-300mmは、もっと描写が良くて重さも変わらない望遠レンズが出れば入れ替えるつもり。


で、まだ明るい時間が続くようなら、
AF-S Micro NIKKOR 60mm F2.8G ED

夕方に出かけるなら、
50mm F1.4 EX DG HSM


やっぱり、単焦点は外せませんなっ
レンズ一本勝負のときは、これのどっちかをもって行ってますね。


後は、ゲストのレンズとして棚に転がってるレンズを1本気ままに選んで出かけてます。


カバンについては、ファッション雑誌などで名前を聞くようなブランドのカバンを使ってます。
それにインナーケースを入れてカメラ用にしちゃってますYO!

正直、カメラバッグで使いたいと思ったものは無いんですよねー

機能性はあるんでしょうけど、カッコ悪いんだもん…(暴言?)


にほんブログ村 写真ブログへ



[2009/01/22 23:12] 動物(animal) | TB(0) | コメント(4)

2008年のCAPAレンズ大賞はシグマの あのレンズに決定! 


Nikon D700 / AF-S NIKKOR 24-70mm F2.8G ED


2008年のCAPAレンズ大賞は、

50mm F1.4 EX DG HSM

に決まりましたね。


シグマのレンズに対する姿勢を含んでの大賞なら、自分も納得ですな。

今のニコンのレンズラインナップだと、
開放から使える標準域の単焦点レンズって、なかなかないですからね。


このレンズはF1.4の明るさと開放から使える安心感が一番の売りじゃないでしょうか。


D700と組合せると、夜の街も恐れる事は無いって感じです。

んー、機会があったらD700のHI1(ISO12800相当)やHI2(ISO25600相当)とF1.4の明るさで
普段では考えられない様な暗闇を切り取ってみようかな…

何か今までに無い表現が出来るかも。



ただ…
やっぱり自分の中では、あのレンズが予選落ちした理由が今も分からないんですよね。

レンズを選定したカメラマン達に、ニコンユーザが少なかったのかな?

雑誌でも今回、1本も本選にノミネートがされなかったニコン・キヤノンのレンズにたいして
頑張って欲しいなんて書いてあったしねー


自分の中で2008年の大賞レンズは、ダントツでこっちですな。


にほんブログ村 写真ブログへ



[2009/01/21 21:33] 街(town) | TB(0) | コメント(8)

ついにキヤノンでもPlanarが発売だYO! 定価が他のマウントより割増しだYO! 


Nikon D700 / AF-S VR Zoom-Nikkor ED 70-300mm F4.5-5.6G(IF)


海外では既に販売されていたキヤノン向けのPlanarレンズ、

プラナー T * 1.4/50 ZE
プラナー T * 1.4/85 ZE

がついに日本でも発売が決定しましたね。


発売するレンズの種類を増やしていくそうですがキヤノンユーザの人口は多いので、
販売を行っているコシナも生産に力が入りそうですね。

EFマウントは絞り環がなく完全に電子制御なんですが、それに対応する形で登場した
キヤノン向けのPlanarレンズ。

そのせいなのか、他マウントより7500円ほど高いプライスでございます。

個人的にはExifが残るのは、ZFを持っている自分には少し羨ましい。

レンズとしては、抜けの良い良質な描写をしてくれる一本デス。
操作もマニュアルレンズ特有の質感を味わうことができると思いますよ。


以前は自分もMF(マニュアルフォーカス)での撮影も楽しんでいたのですが、
良い瞬間をスナップする為に、色々と突き詰めた結果、

「ピント合わせはカメラに任せよう。」

そう割り切って、MFレンズは使わなくなっちゃいました。
チャンスを得るための対価って感じですか。


ところで…

そろそろ、「絞り環」って言っても分からない人って増えてきてるんでしょうね。

特にキヤノンユーザは、完全に絞り環のあるレンズは無くなっているんで、
新規ユーザは知ることは無いでしょうし。

ニコンもGレンズしか作らないと思うから、徐々に過去の物になっていくんでしょうなー


にほんブログ村 写真ブログへ



[2009/01/20 23:26] 自然(nature) | TB(0) | コメント(2)

18-250mm F3.5-6.3 DC OS HSM の画期的な仕様 


Nikon D700 / AF-S VR Zoom-Nikkor ED 70-300mm F4.5-5.6G(IF)


シグマの「18-250mm F3.5-6.3 DC OS HSM」が目立たないけど
画期的な仕様が盛り込まれてますね。


このレンズが出ると(たぶん)世界初の「手振れ補正機能の選択」が出来るんですよね。
(20090120追記)
指摘を受けたのですが、フォーサーズでオリンパスのカメラとパナソニックのレンズで
手ぶれ補正カメラ&手ぶれ補正レンズの組み合わせがすでに存在しているそうデス。

数少ない「手振れ補正機能の選択」が出来る組み合わせなんですよね。


分かりにくいと思うので、詳しく書くと、
カメラ側に手振れ補正機能がついてて、なおかつレンズも手振れ補正機能がついている。

こんな状態になるんですよ。
ソニー・ペンタックスのカメラに、このレンズを組合せた場合のみですけどね。

つまり…
ユーザが手振れ補正を「レンズ側」か「カメラ側」を選ぶことができるんです。


ちょっと未来的だなー、なんて思ってたりしてます。


個人的な希望としては将来、「カメラ側で手振れ補正機能」を持ちつつ、
「手振れ補正機能のあるレンズ」を取り付けると自動的にレンズ側の補正に切り替わる。

こんな仕様が実装されると嬉しいんですけどね。



レンズ側に手振れ補正があると有利な点としては、
やはり、ファインダ内の像が安定しやすいところでしょう。

ニコンのVRやキヤノンのISなど手ぶれ補正がついたレンズを使ったことがある人は分かると思うのですが、
ファインダを覗いたときの小刻みな手振れも、かなり緩和されますよね。

望遠になればなるほど、フレーミングがしやすい恩恵に与れます。


カメラ側に手振れ補正があると有利な点としては、
どのレンズであっても、手振れ補正の恩恵を受けることが出来ることですね。

自分としては、明るい単焦点レンズに更に手振れ補正が付くなんて、
夢の様な組合せだと思っちゃうんですけど…


このカメラ内蔵とレンズ内蔵の手振れ補正って一長一短な関係で、
お互い相手の有利な点を持ち合わせていないので
それぞれが、そのまま弱点になっちゃうんですよね。


ニコンかキヤノンが、カメラ内手振れ補正を実装してくれれば、
あっという間に、この夢って実現できそうなんですけど(笑)





カメラとレンズの手振れ補正を両方ONにしたらどうなるのか…
想像しただけでオラ、ワクワクすっぞ(悟空風に)


にほんブログ村 写真ブログへ



[2009/01/19 22:17] 人(human) | TB(0) | コメント(4)

コツコツと更新し続けるのが人を呼ぶ秘訣なんでしょうなー 


Nikon D700 / AF-S VR Zoom-Nikkor ED 70-300mm F4.5-5.6G(IF)


どもどもー

相互リンクのお願いをしましたら、結構な人数の方々が反応してくれてホッとしてます。
正直、ガチムチ無視されたら涙目だなって思って募集したんで(笑)

自分でお願いしながら、全員にお断りをいれたいドSなイタズラ心を抑えつつ、
先ほどリンクの追加を行ったところでございます。

相互リンクにつきましては、引き続きお待ちしてますね。


で、相互リンクをした皆さんのコメントを読んで思ったのは…


ブログを開設しても最初のうちは人はきません。
「自分ボックス」も、一日で30人の来客があって大喜びしてた時期もありましたしね。

あまりにも人が来なくて、何回クローズしようと思ったか(笑)

なんで、人が来る様になったかといえば継続して更新してきたからだと思ってます。

検索して、「自分ボックス」を知ってくれた人は結構、多いみたいですし
結局、記事の数が多くなれば検索結果に表示されやすいってカラクリなのかなー

Google経由も結構、多いですからね。
たまに価格コムや2chにリンクが貼られることもありますが。


検索といえば、このサイトのレビューを参考にしてカメラやレンズを買った人もいるようで、
ニコンとシグマは、菓子折りを持って我が家にやってきても良さそうな勢いですな(笑)

いまのは冗談で、このサイトで小銭を稼ぐ気持ちは全くないデス。

アフィリエイトで小銭を稼ぐくらいなら、本職で認められて対価を得た方が気持ち良さそうなんで
アクセスカウンター等の入ってしまう広告以外は、これからも入る予定はないっす。


あとは、やっぱり相互リンクを増やすのと、良い写真を撮り続ける努力を続けられれば
自然に訪問者が増えるんじゃないでしょうかね。

急激に人が来る様なジャンルのブログじゃないと思うんで、
結果が出るのを焦らず待ってるのが気持ち的に楽なんでしょうなっ


まぁ…
このサイトが少しでも、お役に立つことができればなーって感じですね。


にほんブログ村 写真ブログへ



[2009/01/18 20:27] 人(human) | TB(0) | コメント(9)

相互リンクしてくれる人 募集中ですっ 


Nikon D700 / AF-S NIKKOR 24-70mm F2.8G ED


どもどもー

今日はタイトルの通り、相互リンクの募集をしているところでございますっ

条件としては…

・写真サイトであること(追記: 毎回、記事に写真が載ってて楽しそうならOKデス)
・アフィリエイト臭くないこと
・コメントの返しが遅くても泣かない

この辺りですか。


いつも見てくれてる人でも良いですし、偶然みかけた人でも構いませんので…
正月に写真ブログ作ったけど人来ないとかでも、理由は何でもいいんです。


人の出入りの多いブログになってきたんで、何かできないかなって思ったんですよ。


ありがたいことに、カウンターも何とか1日で1000ぐらい回る様になりました。

このブログが、写真ブロガーの橋渡し的な事が少しでもできれば良いかなーって感じですね。
うちも撮った写真を見てもらえるチャンスが増えますし共にニコニコできそう。

この記事の下にCMって書いてあるリンクがあるんですが、クリックするとコメント欄が表示されるんで、
名前、URLと何かコメントを書いてもらえれば嬉しいデス。



次にすでに「自分ボックス」にリンクしてるけど相互リンクされてない方へ…

えー、ぜひとも ご連絡ください。

以前ならリンク先を探して、勝手に相互リンクにしてた(笑)んですが、
最近は、仕事で帰ってくるのが遅くて追いきれてないのが正直なところです。


こちらの方もコメントで、

「リンクしてますよー」

ってな感じで教えてもらえれば嬉しいデス。



で、最後にですが…

ブログランキングに参加してるのですが、1日1クリックの協力をしてもらえないでしょうか?

クリックするとポイントが入ってランクが上がるんですけど、上位になると目立つ位置に表示され、
「自分ボックス」に人がくる可能性が上がるんですよ。

写真ブログをやってる理由の一つとして、自分の写真を色々な人に見てほしいんですよね。


これは、気が向いた人だけで良いので記事の最後にあるバナーを押してくれると助かります。
ちなみに、このブログの順位も確認する事ができます。

永遠の2番手となってますが(笑)



それでは、色々とお待ちしておりまーす


にほんブログ村 写真ブログへ



[2009/01/16 23:12] 街(town) | TB(0) | コメント(16)

Webで写真の色が、みんな違うのは仕方ないこと 


Nikon D700 / AF-S NIKKOR 24-70mm F2.8G ED


今日の写真に写ってるモニタなんですけど、どの表示も若干ですが色の違いがありますよね。
モニタの性能もありますし、メーカーの色に対する考え方も色々あるんでしょう。

正直、このブログの写真も見るモニタによって色の違いがあると思うし、
想定してない発色をしてるモニタもあるんだろうね。


自分が使用してる、RAW現像を行っているマシンのモニタは
hueyっていうキャリブレーションツールを使って色を合わせてます。

なるべく標準の色になる様にして現像を行ってるんですな。

ただ、hueyは安物なんで究極的に正しい色にはなってないと思うけど、
基準があるので、それなりの安心感はあります。


うちにはもう一台、安いノートPCがあるんです。

こっちは安い液晶モニタが使われてるんですが、恐らく売るために見栄えが良くみえる様な
派手なチューニングがされてるんですよ。

ガンマカーブをガッツリとS字にしてると思うんですが…


ぶっちゃけ、写真の事だけを考えると、

「こりゃないわ」

って感じなんですが、あえてキャリブレーションしないでいます。
調整してない人は、こんな風に見える場合があると自戒のつもり。

ただ、派手なチューニングがされているモニタを基準にRAW現像をしてる人だってきっといると思う。



モニタだけじゃなくて、

「Windows」と「Mac」、「Internet Explorer」と「FireFox」

これだけでも色が変わっちゃうと思うと、
Webで写真の色が、みんな違うのは仕方ないこと。


なんて分かっていても…

できれば自分がイメージしている色と、近似値で見てくれてると嬉しいんだけどね。
無理な事を願ってると自覚してても、そう思っちゃうYO!


にほんブログ村 写真ブログへ



[2009/01/15 23:23] 街(town) | TB(0) | コメント(4)

去年、一番売れたデジタル一眼レフカメラはこれだった! 


Nikon D700 / AF-S VR Zoom-Nikkor ED 70-300mm F4.5-5.6G(IF)


先日、2008年のデジタル一眼レフ年間シェア争いが僅差でキヤノンに栄冠が輝いたのは
書いた通りなんですが、今日は販売された一眼レフカメラ個々のシェアについて書こうかと思います。


まずは…

販売台数シェアベスト10を見てもらうと、こんな感じ。
レンズキットも同機種ならば統計に含まれているそうです。


1位 EOS Kiss X2     19.1%
2位 D60          10.9%
3位 D80          10.6%
4位 D40           9.1%
5位 EOS KissデジタルX  8.4%
6位 EOS 40D        6.7%
7位 a350          4.2%
8位 D300          3.3%
9位 a200          2.6%
10位 D90          2.2%

BCNランキングから引用


去年に引き続きEOS Kissシリーズの人気は衰えずって感じですか。
毎年、EOS Kissの系譜は販売台数が飛びぬけるんですよね。

ニコンも去年と同じで、一種類の機種が飛びぬける事は無いんですが、
複数の機種の総合力でシェアを引き上げる戦略。


リスク管理を考えるならば、やはり一極集中のキヤノンより分散型のニコンの方が
商売としては理想的な気がします。

ソニーもトップ10に2機種の名前が出ていて、さすがのブランド力ですな。

今年はニコン5台、キヤノン3台、ソニー2台になりました。


しかし…
ベスト5で既に60%のシェアが埋まってしまうんですねー

ベスト5の機種を見てみるとやはり、入門機が大半を占めてますが、
デジタル一眼レフカメラで写真を撮り始めた人が結構、いるんでしょうな。

まだまだ、入門機はニーズが高そうな感じデス。

カメラ日和」や「女子カメラ」みたいな、ゆる系のカメラ雑誌も、
まだまだ創刊されたりするんじゃないでしょうか。(すでに乱立ぎみですが)

この手の雑誌でニコンの広告の打ち方があざとい時がたまにあって、チョット笑うんですよねー


一眼レフカメラは買ってしまうと、買い替え時も同じメーカーに大抵なるんで、
この時期の囲い込みは、将来の業績に大きく影響されそう…



ちなみに愛機のD700は、20位でシェアが1%でした。

この結果を見るとフルサイズのデジタル一眼レフを所有してるマニアは、
勝手な想像ですが、全体の4、5%ぐらいあればいい方なんでしょうか。

他のブログ見てると、もう少し所有してる人が多そうな感じもしてたのですが…

フルサイズを持ってる人は、ブロガーである率が高いのかもしれませんね。


にほんブログ村 写真ブログへ



[2009/01/14 23:24] 街(town) | TB(0) | コメント(0)

2008年デジタル一眼レフカメラ シェア争いの結果が出た 


Nikon D700 / AF-S VR Zoom-Nikkor ED 70-300mm F4.5-5.6G(IF)


先週は、一週間まるまるを競馬の撮り方で費やしてしまったのですが、
その間にも色々と興味深いカメラ情報が出ていましてねー

ぶっちゃけ、競馬の撮り方を一回中断してカメラネタを書こうかと考えたのですが、

「書き始めてしまったのだから書ききるしかない!」

んな感じで突っ走りました。


非常に鮮度が悪くなった情報から(笑)、気になったものをピックアップ。


やっぱり、情報の中でもダントツで語りたかったのは
2008年の一眼レフカメラのシェア争いの結果が出た事ですね。


結果は僅差で、


「キヤノン」


が制し去年、ニコンにトップを奪われた雪辱を晴らしました。

ちなみに2008年上位3社のシェアはこんな感じ。
キヤノン40.1%、ニコン39.9%、ソニー9.2%


皆さんも知っての通り、ニコンに偏った記事を書く「自分ボックス」としては僅差負けで
残念な結果となりましたなー(笑)


去年は家電組(SONY、Panasonic)が本格的に力を入れてきたのもあって
その辺の動向も気になってはいたんですよ。

まぁ、キヤノン・ニコンでシェアの8割独占は変わらずって感じでしたけど。

2強の時代は、まだまだ続きそうな感じです。


にほんブログ村 写真ブログへ



[2009/01/13 22:32] 街(town) | TB(0) | コメント(0)

【レビュー】AF-S NIKKOR 24-70mm F2.8G ED 


Nikon D300 / AF-S Micro NIKKOR 60mm F2.8G ED


だいぶ使ったので、そろそろ「AF-S NIKKOR 24-70mm F2.8G ED」のレビューをしようかなって感じです。


このレンズの評価としては…
今まで使ってたズームレンズで唯一、画質に納得いく一本です。

描写力、抜けの良さ、ボケ、AFの速度…

絞り開放から使えますし、文句の付けようが無いデス。
特に抜けの良さは、従来のズームレンズとはレベルが違いますね。


他のズームレンズ(左のメニューに手持ちのレンズ一覧があります)は購入しても画質に納得いかず、
結局、単焦点レンズを複数持ち歩く羽目になってたんですよ。

このレンズを使うまでは、単焦点レンズを超えるズームレンズに出会う事は無いと思っていましたね…
正直に言っちゃうと、このレンズに会うまでは単焦点レンズ至上主義的な感じでしたから(笑)


この記事を書いている現在では、まだニコンの単焦点レンズは古い設計のものが多いという
前提で読んで欲しいのですが…


現行の標準域の単焦点レンズで、これに描写で勝てるレンズは数少ないですよ。


このレンズに描写で同等以上と思える手持ちのレンズは、

AF-S Micro NIKKOR 60mm F2.8G ED
Ai AF Nikkor 85mm F1.4D(IF)
Planar T* 1.4/50 ZF
50mm F1.4 EX DG HSM

この4本ぐらいデスか。
完勝しているレンズは「AF-S Micro NIKKOR 60mm F2.8G ED」だけだと思う。


あと、レンズ自体が細部までこだわって作られてるのも良いデスね。
特に、銅鏡部分を細く作ってあるのでホールドしやすいんですよ。

他社の同等レンズを量販店で触った事があるんですが、銅鏡が太くて持ちづらかった。

慣れもあるかもしれませんが、ユーザの使い勝手を考えて作られてるんだと、
その時に気がついて感心した覚えがありますね。

話題にはなりませんが0.38m(焦点距離35-50mm位置)まで寄れるのも嬉しいデス。



このレンズの欠点を上げるとすれば、お約束ですが、

「重い」・「デカい」・「高い」

の三重苦ってところですね。
このレンズも例外では無いですが、この性能だったら許せます。

スナップ目的だとレンズが目立ちすぎる事もありますが…(笑)

最近は、ほぼレギュラーレンズになってます。
たまに重いレンズを持って行きたくない時だけ、お休みって感じですね。


後は、24mm~28mm辺りの歪みがパッと見て分かるレベルってとこですか。
ズームレンズだから、ここは割り切りが必要かもしれません。

この辺りの画角を使うときは撮り方を若干、注意しますね。


あーっ、そうそう…

このレンズ、DXフォーマットのカメラと相性が悪いと思う。
D300で使ったときとD700で使ったときの描写の差がありすぎる。

マジで新宿のサービスセンター行きを考えたもんね。
切れは悪いし、描写もなんかモッサリって感じだったんで…


D700との組合せで初めて撮った写真を見たときに、

「同じレンズ?」

って正直思いましたから。


FXフォーマットのカメラじゃないと、真の力を発揮できないのは欠点かも…

逆に言えば、FXフォーマットのカメラを持ってるユーザには、かなりお勧めできるレンズな事は確かデスねっ
自分は買った事に後悔ないです、D700を使い始めた後からですが(笑)


レビューと関係ないんだけど、

このレンズは、悩んだ末に清水寺から飛び降りる気持ちで買ったんですが…
買った3日後にD700が発表されてしまい、もう一回飛び降りる羽目になったのは良い思いで(笑)


にほんブログ村 写真ブログへ



今年の撮影目標を書いてみた 


Nikon D700 / TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO 1:1


よくよく考えたら、今年の撮影目標を決めてなかった。
年初めに、いつも目標を決めてブログに書いてたので今年も書いておこうかな。


今年は…

「気持ちの良い写真を人に見せる」

で行こうと思ってます。


今までは定石も分からないので技術的な目標ばかりだったんですが、
そろそろ、ネクストレベルに挑戦しようかって感じですか。

人が見て気持ちの良い色とか、構図、タイミング、ボケ…
これだけじゃなくて、気持ち良くさせる様々な要素があると思うんですよ。

音で言うなら「和音」みたいな組合せを沢山、探してみたい。


複数の要素を組み合わせて、レベルの高いトータルバランスが取れた撮影ができる様に心がけたいですね。
あとは現像で、更に美しく仕上げられると良いなぁ


そろそろ…
どっかのタイミングで雑誌のフォトコンテストにでも出してみようかって思ってます。

親父の写真が雑誌に載るんだったら、自分の写真が載ってもおかしくないでしょうっ(笑)


にほんブログ村 写真ブログへ



[2009/01/11 18:20] 街(town) | TB(0) | コメント(2)

一眼レフカメラで競馬のレースを撮影する方法 [小ネタ編]  


Nikon D700 / AF-S VR Zoom-Nikkor ED 70-300mm F4.5-5.6G(IF)


-----------------------------------------------------------------------------
2009/01/09追記
ハード編から順に読んでいくと競馬の撮影が理解できる様に書きました、たぶん(笑)

ハード編
設定編
下調べ編
実践編
小ネタ編
ありがとう
-----------------------------------------------------------------------------


さてさて…

競馬撮影の講座も5日目になりましたが、今日はラストの「小ネタ編」

今まで書ききれなかった事を、最後にまとめてみようって感じデスっ



実はレース以外でも、走る馬を撮れるタイミングはあるんですよ。

それは返し馬。

返し馬はバラバラで走ってくるので撮影の練習しやすいですし、
レース中と比べれば、周りに人も少なく集中しやすい。

本番は、取り直しがきかないのと比べると気が楽です(笑)


そしてなんと言っても、外ラチの方にも馬が走ってきて
迫力ある撮影が出来るのが嬉しいんですよねー

実は実践編の写真は返し馬のものです。


一番美味しいタイミングは、もしかしたら返し馬のときなのかも。

スタート位置が分かれば、返し馬が撮れるかは判断がつくと思うので、
下調べしておくのも悪くないですね。


スタートがスタンド前の場合も面白い写真が撮れたりします。



あとは、走ってる姿でなければパドックが一番ですか。
何度も取り直しができますから(笑)


パドックは「実践編」で書いた設定は無視して自由に撮ってください。
ただし、フラッシュは禁止になっていますのでくれぐれも使わないように…

自然光があたってる馬を撮る方が綺麗な事は忘れないで、それだけ考えて位置取りをしてみてください。

ジョッキーが騎乗する瞬間も結構、絵になりますよ。
今日の一枚の様に有名馬主の勝負服だと結構、映えますなー



そうそう、あと大事なことを言うの忘れてた。

それはレースでもパドックでもそうなんですけど、少し早めに撮影地点にスタンバイしておきましょう。
撮影地点に人がいては、どうしようもないですし、かき分けて無理やり場所を作るのはマナー違反です。


あとは…

一部の地方競馬場では、事前に許可を取らないと撮影できない場所もあるらしいので
事前に確認が必要かもしれませんね。

地方競馬は船橋でしか撮影した事がないのですが、船橋では事前許可は必要なかったデス。


中央は事前許可の必要はないですよ。



最初は残念な写真になってしまうことが多いかもしれませんが、楽しんで撮ってみてください。
何度か撮っていると慣れてきて色々と挑戦したくなると思います。



長くなりましたが、こんな感じ。


にほんブログ村 写真ブログへ



[2009/01/09 22:48] 人(human) | TB(0) | コメント(6)

一眼レフカメラで競馬のレースを撮影する方法 [実践編] 


Nikon D700 / AF-S VR Zoom-Nikkor ED 70-300mm F4.5-5.6G(IF)


-----------------------------------------------------------------------------
2009/01/09追記
ハード編から順に読んでいくと競馬の撮影が理解できる様に書きました、たぶん(笑)

ハード編
設定編
下調べ編
実践編
小ネタ編
ありがとう
-----------------------------------------------------------------------------


ういーっす。

やっと競馬撮影の話も「実践編」でございます。


ココまで目を通していると言うことは、
望遠レンズを用意して、「バッファオーバー」の対処撮影ポイントを決めた

こんなところでOK?


NGな人は、リンクしてある項目をクリックしてもう一度、目を通しなおしてくださいね。


シチュエーションとしては、天気の良い日に競馬場のお気に入りポイントで
貴方が立ってるって感じで説明をスタートしますYO!


まずは、レンズを望遠側にしちゃってください。
数字が大きい方です、200mmとか300mmにしちゃってください。

初めてのレースは撮るだけでイッパイになるから、もう望遠側に固定で良いです(笑)

少し難しい言葉が出てしまうかもしれませんが、分かりやすそうなページにリンクを貼っておきます。
そこまで書くのは時間が足りなすぎるYO!(笑)


さて、必要な二つの設定をしましょう。


・シャッタースピード
・絞り
(シャッタースピードと絞りについては、ココココが分かりやすいかも)


一番大事なのはシャッタースピード…

なのですが、まずは絞りと露出補正の設定から。

1、絞りをF11まで絞ります。
2、撮影を開始を想定している場所にレンズを向け、ピントを合わせます。
3、一枚撮ります。
4、撮った結果を見て白飛びしてたら、露出補正で少しだけマイナス側に設定します。
  内ラチやハロン棒が白いので、入れる様に撮ると調整しやすいデス。(確認方法は説明書に書いてあるはずデス)
5、白飛びが、ほぼ無くなるまで3と4を繰り返します。


これで、最初の準備が終了です。


次にシャッタースピードの設定。

1、撮影を開始を想定している場所にレンズを向け、ピントを合わせます。
2、シャッタースピードが1/500秒より速いスピードで切れるか確認します。
3、1/500秒以上の場合は設定は終了、無理な場合は引き続き設定します。
4、ISO感度を上げて1/500秒より速いスピードでシャッターが切れる様に設定します。
5、ISO感度を上げすぎると画質が悪くなる場合、絞りの数値を小さくしてシャッタースピードを上げてください。


シャッタースピードと絞りが決まったら、フォーカスエリアの場所を決めます。

右回りの競馬場はフォーカスエリアを左側に、
左回りの競馬場では、フォーカスエリアを右側に設定しておきます。

撮るときは、この位置で固定してください。

何故かと言えば…
まぁ、撮ってみれば理由は分かると思います(笑)

自分の目の前を馬が走りぬけたときに、どこにフォーカスエリアがあれば撮りやすいか
想像してもらえば分かると思います。


最後にコンティニュアスAFに設定してレースが始まるのを待つのみ。



レースが始まり、馬が遠くに見えてきたらシャッターを半押しして、
先頭集団をオートフォーカスし続け待ちます。

前もって想定してた撮影ポイントに近づいたら連写スタートです。

ここでは、先頭集団にピントを合わせ続けてシャッターを切り続ける事だけに集中して
後続については考えず、慌てずに撮り続けてください。

周りが気になると、グズグズな結果になると思いますので気をつけてくださいね。


今回、書いた設定は一例としてもらえればって感じです。

慣れたら設定を変えたり、連写中にズームを触って構図を決めたり
色々とチャレンジしてみてください。



次回が最終回「小ネタ編」です。



んな感じ。


にほんブログ村 写真ブログへ



[2009/01/08 21:45] 動物(animal) | TB(0) | コメント(2)

一眼レフカメラで競馬のレースを撮影する方法 [下調べ編] 


Nikon D700 / AF-S VR Zoom-Nikkor ED 70-300mm F4.5-5.6G(IF)


-----------------------------------------------------------------------------
2009/01/09追記
ハード編から順に読んでいくと競馬の撮影が理解できる様に書きました、たぶん(笑)

ハード編
設定編
下調べ編
実践編
小ネタ編
ありがとう
-----------------------------------------------------------------------------


ハード編」、「設定編」が終わったので3日目は、「下調べ編」になります。

下調べって言うのは、競馬場のどこから撮るかを検討するって感じですね。


まずは、単純な事なんですが…

馬に光があたる時間帯に行くことをお勧めします。
日陰にいるときとは撮った印象が全然違うからです。


次に大レースが行われない日を選ぶ事ですね。
最初のうちは土曜の中央、または地方競馬をチョイスする事をお勧めです。

人ごみの中での撮影は覚悟が無ければ正直、やらない方がよいと思います。
やるとしても慣れてからの方が無難ですよ。


そして、中央競馬の場合はダート戦は諦めましょう。
撮れない事は無いんですが今回、想定してるレンズでは遠すぎますね。

小さい馬が写ってもあまり面白くないですし、芝の内ラチの柵が結構、被ってしまい撮りにくいです。



これを踏まえて大事なのは事前の下調べになりますね。
どこから撮るかの選定は重要です。


人気があるのはゴール前。

やっぱり勝負が決するシーンは文句なしにカッコいいんですが、
あっという間に人だらけになるんで、撮影しにくいところはあります。

中央なら土曜日の午前中か、地方競馬だったら撮りやすいかもしれません。


あとは行き着け(?)の競馬場があると思うんで、気に入ってる場所も候補になりますね。
ゴール前じゃなければ結構、撮りやすくなりますよ。

残り1ハロンとか最終コーナーなど思いつく場所はありませんか?

お気に入りの場所なら、時間によってスタンドの影になるとか色々と想定しやすいんじゃないでしょうか?
芝のレースが何レースにあるかのチェックも必要ですよね。


何度も書きますが、光があたっている方が馬は美しく見えます。(個人の主観だけど)


ここで一番大事なのは撮影ポイントを複数にしないで、一ヶ所で腰をすえるつもりで選定すること。


目移りするでしょうけど、慣れるまでは一ヶ所で粘った方が納得いく写真が撮れやすいデス。


最初のうちは、「日があたって」、「周りに人が少なくて」、「芝のレース」
この辺を目安にして計画を立ててみてください。



次回はやっと「実践編」デス。



そんな感じ。


にほんブログ村 写真ブログへ



[2009/01/07 22:58] 動物(animal) | TB(0) | コメント(0)

一眼レフカメラで競馬のレースを撮影する方法 [設定編] 


Nikon D700 / AF-S VR Zoom-Nikkor ED 70-300mm F4.5-5.6G(IF)


-----------------------------------------------------------------------------
2009/01/09追記
ハード編から順に読んでいくと競馬の撮影が理解できる様に書きました、たぶん(笑)

ハード編
設定編
下調べ編
実践編
小ネタ編
ありがとう
-----------------------------------------------------------------------------


昨日に引き続き、競馬の撮影について。

今日は「設定編」ですが、「ハード編」をある程度理解できた人向けなので、
ググってココに来た方は先に「ハード編」を見てもらえればって感じですね。


今回の記事は大半を「バッファオーバー対策」に当てようと思います。


例えば…

秒間4枚をRAWで撮影できて、「連続撮影枚数」が20枚と想定しましょうか。
単純計算、5秒でバッファオーバーが発生する計算です。

正直、5秒じゃ足りないんですよね。

実際の撮影では、遠くから向かってくる時点で連写を始めて、
撮影者の前を通り過ぎるまでの時間が連写する時間になります。

説明書を引っ張りだしてRAWで撮影できる「秒間撮影枚数」と
「連続撮影枚数」を確認して何秒連写できるか割り出してみてください。

機種にもよりますが恐らく、5秒前後じゃないでしょうか?



この時間を伸ばす方法は、いくつかあります。


一つ目は勘が良い人は気がついていると思うんでけど、RAWではなくJPEGで撮影する。

説明書を見ると分かるんですが、JPEGで撮影すると
「連続撮影枚数」の最大値がRAWより多いんですよね。

JPEGの画像の大きさ、画質によって「連続撮影枚数」は変わりますが8~10秒の間、
バッファオーバーを起こさない事を目安に設定すると良いですね。

最初の例としてあげたカメラの場合は、30~40枚をバッファオーバーが発生しない設定にすれば
問題ないって事になります。



二つ目にメモリーカードの性能が良いものを使用する。

コンパクトフラッシュ(CF)・SDカード共に同じ容量なのに値段が違う商品がありますよね。
語弊を恐れずに言うならば値段の差は、

「信頼性と転送速度の違い」

って感じでしょうか。


転送速度が遅いメモリカードの場合、カメラが高性能であっても、
カード側の転送が間に合わない為に連写速度の足を引っ張る場合があります。

普通に撮ってる場合は、それほど転送速度は必要ないんですが、
こういう過酷な使用になると、ものを言ってくるんですよねー


ただ…

「転送速度が速いメモリーカードを用意すれば良いんですねっ」

って言うわけでも無いのが難しいところ。


実は…
大半のメーカーがメモリカードの転送速度についてユーザを欺いてる部分があります。

このメモリーカードの転送速度には二通りの意味があります。


・メモリーカードにデータを入れる速度
・メモリーカードからデータを出す速度


カメラの連写で必要なのはデータを入れる速度なのですが…
大抵はデータを出す速度を公表してます。


出すのは速いけど、入れるのが遅いカードは結構多いです。
各社とも公表しない事が多いのでネットで調べてからがお勧めです。

調べるのが面倒な場合はSanDiskをチョイスすれば間違いは無いですよ。
少し、価格は高めですが公表してる転送速度に嘘はないです。


それを踏まえた上で、

SDカード対応の機種であればSDHC規格のSDカードをチョイス。
コンパクトフラッシュ対応の機種であればUDMA対応のカードをチョイス。

この辺じゃないでしょうか。

ただし、UDMAの方はカメラ側も対応してないと効果が無いんで注意デス。
対応してなかったら、普通の品質のカードを用意しましょう。


三つ目は、ギリギリまで引き付けてから連写する(笑)
まぁ、辛抱ならんと思うので最初の二つで解決する事をお勧めしますYO!



設定については説明したい事が、まだいくつかありますが
長くなりすぎたんで、「実践編」になったら説明したいと思います。


ただ、次回は「下調べ編」(笑)




んな感じ。


にほんブログ村 写真ブログへ



[2009/01/06 23:16] 動物(animal) | TB(0) | コメント(0)

一眼レフカメラで競馬のレースを撮影する方法 [ハード編] 


Nikon D700 / AF-S VR Zoom-Nikkor ED 70-300mm F4.5-5.6G(IF)


-----------------------------------------------------------------------------
2009/01/09追記
ハード編から順に読んでいくと競馬の撮影が理解できる様に書きました、たぶん(笑)

ハード編
設定編
下調べ編
実践編
小ネタ編
ありがとう
-----------------------------------------------------------------------------


これから競馬のレースを撮りたい人向けの話を数日続けようかと。
誰も望んでないのに書くのは久しぶりに競馬場で撮影したからなんですけどね(笑)


んな感じで初日のテーマは「ハード編」いきますYO!


競馬のレースを撮るときにカメラ側で最低限確認しておかなきゃいけないのは3点。
「望遠レンズ」とカメラの「秒間撮影枚数」、「連続撮影枚数」ですね。


まず、「望遠レンズ」から…

一般普及価格の一眼レフカメラ、難しく言うと「APS-C」と言われるカメラでは、
少なくても200mmが選択できるレンズ、300mmあれば結構楽しめます。

フルサイズと言われるカメラの場合は少なくても300mmは欲しいところ。

競馬場に行くとプロが使う様なレンズを持っている人もいますが、
手軽に楽しみたい人もいると思います。

白いレンズを持ってる人は競馬撮影のジャンキーだと思って間違いないデス(笑)
あのレンズは間違いなく高いです。

手軽な価格帯ですと各メーカーが出している「70-300mm」(ニコンキヤノンシグマ)って書いてある望遠ズームレンズや
タムロンの「AF18-270mm F/3.5-6.3 Di II VC LD Aspherical [IF] MACRO (Model B003)」あたりの
高倍率ズームレンズ辺りが入門には良さそうですなっ

手振れ補正が出来るレンズやカメラを使うのと使わないのだと難度が全然違うので、
極力、手ぶれ補正が出来るものがお勧めデス。(ちなみに紹介したシグマのレンズだけは手ぶれ補正機能無し)



次に「秒間撮影枚数」ですね。

簡単に言うと、一秒間に何枚撮影できるかって話デス。

レースの撮影は、一発入魂はまず無理。
言い方は悪いですが始めのうちは、数が勝負を決める事が大半です。

連写しっぱなしデス。

1秒間で撮影できる枚数が多ければ一瞬を切り取れる可能性が上がります。
正直、多ければ多いほど嬉しいです。

とは言え、既にカメラを持っている方もいると思いますので、
持っているカメラで最善を尽くせればベストでしょう。



最後に「連続撮影枚数」について。
これは、さっきの「秒間撮影枚数」と言葉の響きは似てるんですけど別の話。

チョット長くなるけど説明をすると、

PCでソフトを大量に立ち上げると動作が鈍くなる事がありますよね。
これと同じことがカメラでも発生します。

連続撮影を行うと実はカメラ側は、直ぐに処理が追いつかなくなります。
そこで一時的に画像データはカメラ内に蓄積され、処理待ちの状態になるんですよ。

「連続撮影」→「カメラ内で蓄積」→「順番に1枚ずつ処理」→「メモリーカードに格納」

簡単に書くと、こんなフローですな。


実は、「カメラ内で蓄積」できる容量は有限でココが満タンになると秒5枚で撮影できるカメラでも、
極端に撮影できる枚数が減ります。
秒1枚とかのレベルまで落ち込みます。

この状態を難しい言葉で言えば「バッファオーバー」ですね。

数が勝負と書いたとおり撮影中にこれが発生すると致命的です。


説明書を見ると連続撮影できる最大枚数が書いてあるので確認しておく必要はありますね。
普段の撮影では気にならないんですが、レースの撮影では超重要なポイントです。

本当に撮りたいタイミングでバッファオーバーするのは誰もが通る道(笑)
正直、泣けます。


バッファオーバーの対策については次回の「設定編」で更に細かく説明しようと思います。



今日はこんな感じ。


にほんブログ村 写真ブログへ



[2009/01/05 22:40] 動物(animal) | TB(0) | コメント(4)

久しぶりに競馬場に行ってきた 


Nikon D700 / AF-S VR Zoom-Nikkor ED 70-300mm F4.5-5.6G(IF)


カメラを趣味にする前は、チョコチョコと馬券を買ってたんですけど、
今となっては競馬月刊誌「優駿」とネット記事に目を通すぐらいになっちゃいました。

で、この「優駿」2008年10月号を買い漏らしててバックナンバーを手に入れる為に中山競馬場へ…

ついでに新しく導入したレンズの実践投入もしてみました。
年末に「AF-S VR Zoom-Nikkor ED 70-300mm F4.5-5.6G(IF)」を買ったのに、なかなか出番が無くてねー


久しぶりに行ったら競馬場内が全面禁煙になっててチョットびっくり。
ギャンブルっていうと、どうも紫煙ってイメージがあるんですよ。

まぁ、外で写真を撮りに来る人間には関係ありませんけど。


しかし…

初めてD700を競馬場に持って行って思ったのは、300mmの望遠じゃ足りないって事ですよね。
足りないだろうなぁって思ってたけど(笑)

とは言え、

「超望遠が無いなら知恵で何とかすれば良いじゃないかっ」

ってな感じですな。
無いものは仕方ないしね。

本当はD300を持って行こうかと思ったんだけど、
競馬を撮るのがメインじゃなかったんで、スナップ用のレンズを優先しちゃいましたっ


まぁ、知恵と言っても、内回りのダートレースは捨てて外回りの芝レースをチョイスしたり、
馬が恐らく一番近くに来る可能性が高い、最終コーナーにスタンバったりなんですけどね。

最終コーナーは、正面からと横からの撮影ができる特典もあるんですよ。

奥の手は家でクロップですけど(笑)


今日の写真はスタート直後の写真。
ある意味、一番近くを馬が通りますなっ


にほんブログ村 写真ブログへ



[2009/01/04 21:42] 動物(animal) | TB(0) | コメント(0)

魔法少女を乗せた車に遭遇したYO! 


Nikon D700 / AF-S NIKKOR 24-70mm F2.8G ED


撮ってるときに、こんなに周りの目が気になる事はなかなか無い。(笑)
人通りが多かったもんで…


にほんブログ村 写真ブログへ



[2009/01/03 21:50] 街(town) | TB(0) | コメント(2)

もしかしたら、着々と準備は進んでいるのかもしれない 


Nikon D700 / SIGMA 50mm F1.4 EX DG HSM


FOVEONを完全子会社化して自前で映像素子を作れるようになったし、
50mm F1.4 EX DG HSM」、「24-70mm F2.8 IF EX DG HSM」なんてカメラ会社らしいレンズも作っちゃったし…

シグマらしく大きな野望を考えちゃってる?


「フルサイズ作ろうと思っちゃってる?」


んな事を想像した。
フルサイズ4社目は、意外にシグマかも知れない。


にほんブログ村 写真ブログへ



[2009/01/02 23:16] その他(etc) | TB(0) | コメント(0)

「FUJI GS645S Professional」を貰って帰ってきた 


Nikon D700 / AF-S Micro NIKKOR 60mm F2.8G ED


皆さん、あけましておめでとうございます。
先ほど、実家から戻って参りました。


ブログのタイトルのとおり、新しいカメラが新しく一台増えました。

FUJI GS645S Professional

っていう、中判カメラ。
発売年が1984年って、ちょうど四半世紀前のカメラなんですなー


どんなカメラかと聞かれれば、コンパクト中判カメラと答えるしかないですね(笑)

普通、中判カメラは三脚を立ててジックリ撮るスタンスが主流だと思うんですけど、
コレ、手持ちを想定して中判カメラとしては軽く小さいのが売り。

スナップ派の自分には結構、相性が良さそうな感じ。


レンズは60mmF4のフジノンレンズで、自分にとっては初の中判機かつレンジファインダー機。
ちなみにレンズ交換は不可なんですわー


近所のオジサンが使わないからと実家に、このカメラをクレてやったらしい。
自分のオトンは、

PENTAX 645

っていう中判カメラを持ってるんで、使う機会が無いのを良い事に持ち帰ってきたって按配なんですよ。
感想を聴かれたら困るんで、一回ぐらいは使おうかな…





120フィルムの装てん方法がわかんねーYO!(笑)


にほんブログ村 写真ブログへ



[2009/01/01 19:24] その他(etc) | TB(0) | コメント(4)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。