スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



にほんブログ村 写真ブログへ



[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

もしかして、若いエキスが溢れ過ぎちゃってる!? 


Nikon D700 / TAMRON SP AF 28-75mm F/2.8 XR Di LD Aspherical [IF] MACRO (Model A09)


帰宅中にYAMADAで「グランド・セフト・オート4」ってゲームを買ったら身分証明書の提示を求められた。

暴力描写がガッツリ出てくるZ指定(18歳以上対象)のゲームソフトなんだけど、
そんなに若く見えるのか、オレって(ご満悦)


家に帰って改めて鏡を見たけど、どうみてもオッサンに両足突っ込んだツラしてたYO!(笑)


こんなゲーム。



スポンサーサイト



にほんブログ村 写真ブログへ



[2008/10/30 20:59] 猫(cat) | TB(0) | コメント(0)

周辺光量落ちは「悪」なのか? 


Nikon D700 / TAMRON SP AF 28-75mm F/2.8 XR Di LD Aspherical [IF] MACRO (Model A09)


メーカーも周辺光量落ちの少ないレンズを開発していますし、
RAW現像用のソフトウェアでも、当たり前の様に補正する事が可能ですよね。

光量落ちの検証が雑誌や個人サイトでも結構行われ、
カメラ自体が周辺光量落ちに対して補正を掛ける機種もあります。


ところで…
なんで、周辺光量落ちってこんなに嫌われてるのかしら?


ユーザの要望が無ければ、ここまで積極的に光量落ちに対して、メーカーも対応しませんよね。

個人的には、別に頑張って補正しなくても良いんじゃないのって思っちゃうんですよ。
これってレンズの味って言っちゃいけないのかしら?

自分にとっては、凄い写真ぽさが出てくる気がしちゃうんだよね。


まぁ…
この辺って人の好みがあるんで自分の意見を押し付けるつもりはないデスけど。


周辺光量落ちってサザエの奥に入ってる黒いクソみたいな奴ですな。
一部の人だけ喜んで食べるみたいな(笑)


にほんブログ村 写真ブログへ



[2008/10/29 22:19] 街(town) | TB(0) | コメント(8)

D300の最新ファームウェアが公開されましたなっ 


Nikon D700 / TAMRON SP AF 28-75mm F/2.8 XR Di LD Aspherical [IF] MACRO (Model A09)


D300のファームウェアが公開されたみたいですね。

バグつぶしだけじゃなくて、オートフォーカスやホワイトバランスの精度アップなど、
カメラの基本性能の底上げをしてくれるものが多数。

D300ユーザは、ダウンロードページにGO! って感じですねっ


D300のファームアップデートで思い出したんですけど、

D200は、カメラの基本性能を底上げするファームアップデートが一回も無くて、
悲しい思いをしたのをチョット、思い出したYO!


にほんブログ村 写真ブログへ



[2008/10/28 23:05] 猫(cat) | TB(0) | コメント(4)

大事なんだろ、それ。 なら、泥なんて何だい! 


Nikon D700 / TAMRON SP AF 28-75mm F/2.8 XR Di LD Aspherical [IF] MACRO (Model A09)


何度読んでも良い漫画ですな、 「うしおととら」 は。

笑われるだろうが、もし自分に子供が出来たら読ませたい漫画デス。


久しぶりに読んでるんですけど、著者の藤田和日郎先生の作品に込められたメッセージが
ガキの時の自分と今の自分とでは、当然なんですけど受け取り方が違うんですよね。


昔は、

「泥なんて何だい」

なんて言われても、ピンとこなかったけど今、読むと

「なるほど」

って思った。
かなり、良い言葉じゃないかい?


って知らない漫画の話をされても皆さん、タマリマセンな(笑)



次は、「ブランコをこいだ日」か…

あ~、絶対泣くな、オレ。




古い漫画ですけど機会があったら、読んで欲しいなぁ


にほんブログ村 写真ブログへ



[2008/10/27 23:55] 街(town) | TB(0) | コメント(0)

良い撮影場所を見つけてニヤニヤしてしまった(笑) 


Nikon D700 / TAMRON SP AF 28-75mm F/2.8 XR Di LD Aspherical [IF] MACRO (Model A09)


わっほーいっ、久しぶりに写真撮りに行きましたYO!

引っ越してから時間が経っていないので、自分の家の周りのことなんて良く知らなかったんですよ。
地元の神社仏閣をググッて行ってみたら結構、ロケーションが自分好みな場所だったんでメチャ楽しかった。


いい感じに古ぼけた感じの街並みに、味のある寺。
そして、人懐っこい猫がたくさん。

猫の撮影場所は絶対に書かないと決めているんで、場所は言えないんですけど
何度も足を運ぶ場所になりそうな感じデス。

特に、この写真の猫はグングンと近づいてくる猫だったんで撮りづらかった(笑)
この手の猫にあったのは久しぶりでニコニコしてしまった。


今日はD700で使ってなかったレンズを使おうと思って、この2本をチョイス。

TAMRON SP AF 28-75mm F/2.8 XR Di LD Aspherical [IF] MACRO (Model A09)
SIGMA 15-30mm F3.5-4.5 EX DG ASPHERICAL


15-30は生産終了品なんですけど、両方とも十分使えますね。

っつーか、28-75mmに関してはD200で使ったときに、あまりにも写りが悪くて単焦点に自分を走らせた張本人(笑)
28-75mmはDXフォーマットカメラとの相性は最悪なのかもって思うぐらい、写りが全然違いますな。

3万円台で、この性能だったらコストパフォーマンスは高いですねぇ
あと、このスペックのレンズにしては軽いのも結構、嬉しい。

個人的には、さっき書いた理由でFXフォーマットのカメラでしかお勧めできないですけど、
純正にこだわりが無ければ、これでも問題ありませんねー


にほんブログ村 写真ブログへ



[2008/10/26 19:53] 猫(cat) | TB(0) | コメント(6)

先生、撮影がしたいです… 


Nikon D700 / SIGMA 50mm F1.4 EX DG HSM


「安西先生、撮影がしたいです…」


明日、出勤になっちまったYO~
あー、流石に今月一度も撮影してないんで撮りたくなってきた。

日曜は天気が良ければいいなぁ。

どこ行くか全然、決めてないけど、
都内で近場で疲れなくて神社仏閣か古い建物なとこに行きたい。


そうそう。
昨日の記事に書いたD700キャッシュバックだけど、正式にアナウンスがありましたね

「このチャンスに、ぼくも買いました」

みたいな人いない?


にほんブログ村 写真ブログへ



[2008/10/24 23:22] 街(town) | TB(0) | コメント(10)

明日からD700の3万円キャッシュバックキャンペーン開始だそうデスYO! 


Nikon D700 / Ai AF Nikkor 50mm F1.4D


ニコンD700を欲しいと思っている人には、まさに朗報!

3万円のキャッシュバックキャンペーンをするみたいなんですよね。
期間は明日の24日から来月末までらしいですよ。


いや~、露骨なライバル機対策ですな~(笑)

今日がα900の発売日でしたけど、その翌日からキャッシュバックが始まり
EOS 5D Mark2の発売が11月下旬ってことで、11月末で終わりですからね。


価格コムの最安値をみたら24万円前半。
来月末までが、フルサイズに興味があるニコンユーザがお得に乗り換えられるチャンスですなっ


にほんブログ村 写真ブログへ



[2008/10/23 22:50] 街(town) | TB(0) | コメント(2)

「喰らえっ 必殺ヒートッテック」 って感じかしら? 


Nikon D700 / SIGMA 24mm F1.8 EX DG ASPHERICAL MACRO


カメラ雑誌を立ち読み。
ニコンのライバルは、まだまだキヤノンのみですな。

まー、仕方ないとは思うんだけど、
どの雑誌も 5D MK2の記事ばかりなんでキヤノンユーザ以外は読むトコ少ないねぇ。


あとは、久しぶりに早く会社を出られたんで冬物を買い足してきましたよ。
去年、冬物を片付ける時に一気に捨ててしまったんで最近、困ってます(笑)

山によく登りに行く知り合いにユニクロの「ヒートテック」は暖かいからお勧め。
なんて以前に言われてたんで、試しに一枚買ったんですけど下着の癖に1500円とは、なかなかお高い。

冬場の撮影は、自分にとっては寒さとの勝負になるんで結構、期待しております。
単純に寒さに弱いんでね。

久しぶりにユニクロで服を買ったんですけど、昔みたいに 「安くてダサい」って感じはもうありませんな。
っーか、ジーンズの履き心地が非常に良い訳なんだが。

軽量で暖かく、ダサくない。
そんな冬物をチョクチョク買い足していこうかなー


にほんブログ村 写真ブログへ



[2008/10/22 22:16] 街(town) | TB(0) | コメント(8)

今週末は使ってないレンズと一緒に出かけるのさ 


Nikon D700 / Ai AF Nikkor 50mm F1.4D


D700に長い間、使っていなかったレンズを付けて部屋の写真を試し撮り。
D200、D300で使ってたときに受けた悪い印象は感じず…

DXフォーマットのカメラと相性が悪いフルサイズレンズが存在すると思っている自分には、
ますます、そのことに確信したって感じですYO!


今週末に時間があれば、こいつらだけで外を出歩こうかな。

生まれて初めて買った標準ズームレンズ、広角ズームレンズ、単焦点レンズを連れて行こうと思うんだ。
久しぶりにあった友人の様に楽しく過ごせるかもしれない。

友人の名前は出かけたら、そのうち報告しますよ。


にほんブログ村 写真ブログへ



[2008/10/21 23:00] 街(town) | TB(0) | コメント(0)

東芝VSサムスン サンディスク買収をめぐる攻防 


Nikon D700 / AF-S Micro NIKKOR 60mm F2.8G ED


少し前から、サムスンがサンディスクを買収しようと頑張ってるんですよ。
サンディスクと協業関係のある東芝も、黙ってなかったみたいですけど


サンディスクと言えば、一眼レフユーザなら「コンパクトフラッシュ」や「SDカード」を生産しているメーカーとして
名前を知っている人も多いかもしれません。

自分も 「Extreme」 シリーズのCFカードを愛用しているので結構、気になるんですよ。
サンディスクの経営不振ぶりについては結構、深刻な感じらしいので…


質の良いCFカードやSDHCカードが無くならない様に、ただただ祈るのみでございます。


にほんブログ村 写真ブログへ



[2008/10/21 00:45] 自然(nature) | TB(0) | コメント(2)

こういう時の為の機材ネタ?(笑) 


Nikon D700 / AF-S NIKKOR 24-70mm F2.8G ED


今月に入ってから週末に用事が色々と重なって撮影に行けてなかったんですが…

久しぶりにアップできる写真が不足気味。
っつーか、出したいと心から思う写真は既に枯渇してますがなにか?(笑)

機材ネタで何とか引っ張ろうかしらー


にほんブログ村 写真ブログへ



[2008/10/19 23:42] 街(town) | TB(0) | コメント(5)

レンズを何本もって出かけます? 


Nikon D700 / AF-S NIKKOR 24-70mm F2.8G ED


自分は出かけるときに持っていくレンズの本数は1~4本なんですよ。
気分によって変わるんですね、持ってく本数は。

みんなは、撮影するときに何本ぐらいレンズを持って出かけるのかしら?


楽しく撮る為に色々な交換レンズを持ってきたはずなのに、
撮影中に、その重さが嫌になってサッサと家に帰っちゃう場合があるんですよ。

何しに行ったか、訳わからんでしょ(笑)

まぁ、そんな事もありまして、
その日の気分にあったレンズをチョイスするのは自分の中で結構、大事なんですよね。


撮りたいけど、心の底から重いレンズを持って行きたくなければ、
カメラに単焦点レンズをつけて、それだけで出かけることもありますし、
ただただ、一本でブラつきたい場合はズームレンズを付けたり。

もちろん、やる気があるときは単焦点4本とか重めのレンズを積極的にチョイスしたりと結構、ワガママ。
人間性がでますなー(笑)


ただ、最近は緩くスナップをしたい事が多くなってきて、
もう少し、持って行くレンズの構成を考えるべきだなって感じてるとこですね。


軽さと描写のバランスを取るのって難しいねぇ。
ガチで考えてみよ。


にほんブログ村 写真ブログへ



[2008/10/17 23:53] 街(town) | TB(0) | コメント(6)

正直、もったいないと思うんだ 


Nikon D700 / Ai AF Nikkor 50mm F1.4D


最近、色々なブログの写真を見て思ったんですけど…

写真にサイト名とかURLを入れてる人ってどういう理由で入れてるのかなって思うんですよね。
自分の場合は、あまり文字とか入れたくないって思ってしまう方なので…


理由は様々あるんでしょうけど、サイト名とか入ってなければもっと良い感じなのになって
思う写真があって、チョット書いてみました。


にほんブログ村 写真ブログへ



[2008/10/14 23:25] 街(town) | TB(0) | コメント(6)

オカンのお土産には気をつけろっ! 


Nikon D700 / Ai AF Nikkor ED 180mm F2.8D(IF)


今夏に引っ越したんで実家に冬服を置きっぱなしだったんですよ。
で、取りに帰ったんですけど家に戻るときにオカンのお土産攻勢に苦笑でしたわ。

マンガだけの世界じゃないんだね(笑)


「(使いかけの)とんかつソースもっていきなさい」

「(袋の開いた)プリッツもっていきなさい」

「納豆もっていきなさい」


…アレなものを持たせようとするのもマンガだけじゃないのね。

とんかつソースは、もらったけど。
んまーい んですよ、このソースは(笑)


にほんブログ村 写真ブログへ



[2008/10/13 21:30] 人(human) | TB(0) | コメント(2)

CS3風味なデジタルクロスプロセスを試してみた 


Nikon D700 / AF-S NIKKOR 24-70mm F2.8G ED


「デジタルクロスプロセス」についてネットで調べてたんですよ。


チョット説明すると、「クロスプロセス」っていう特殊な現像方法がフィルムに存在しまして。
フィルムには大雑把に分けると、

「ネガフィルム」と「リバーサルフィルム」

の2種類があるんですな。
で、ネガにはネガのリバーサルにはリバーサルの現像方法があるわけですよ。

「クロスプロセス」は、最初書いたとおり特殊な現像方法でして、
「リバーサルフィルム」を「ネガフィルム」を現像する方法(逆もあり)で処理すると
思ってもらえればって感じですね。

面白い色合いが出る場合があって結構、オモシロな感じなんですわ


「デジタルクロスプロセス」って言うのは、これをレタッチで擬似的に行う方法なんですよ。

「どうやったら、オレもデジタルクロスプロセスができるのかなー?」

なんて思ってググってたら「Adobe Photoshop CS3」に「デジタルクロスプロセス」をワンタッチで
実行できる機能があるらしい。
まぁ、フォトショは10万円するんで試すのは無理なんだけどね。

で、更に調べてたら、なんとCS3の「デジタルクロスプロセス」のトーンカーブを公開してるサイトがあったわけ。

「あー、これあればオレのCaptureNX2でもやれるー」

ってな感じで パクった リスペクトして、更に自分カスタマイズしたのが今日の一枚。
うーん、何となくそれっぽい(笑)

ワンタッチで変換できるように「設定ファイル」まで作っちゃったYO!
配布するかチョット考え中デス。


にほんブログ村 写真ブログへ



[2008/10/12 22:57] 自然(nature) | TB(0) | コメント(0)

ブログ通信簿に 「おっさん」 と判断されたわけだが(笑) 


Nikon D700 / Ai AF Nikkor 50mm F1.4D


ブログ通信簿」というのがあったので、試してみた。

tushinbo_img.png



なんか歳寄りなページだなっ、ここは(笑)


にほんブログ村 写真ブログへ



[2008/10/11 20:52] 街(town) | TB(0) | コメント(2)

200000回もカウンターが回転したわけなんですなっ 


Nikon D700 / Carl Zeiss Planar T* 1.4/50 ZF


どもども…


アクセスカウンターが20万回、回転したみたいなんで記念にサイトのデザインを微妙に変えてみました。

デザインは写真が映える様に、よりシンプルに、
無駄な色は廃して、写真が引き立つ黒を強調してみた感じですな。

結構、バックの色って重要なんですよね。
写真の印象が大きく変わりますから。


いつも5万カウント毎に喜びの声を上げているわけですが、
最近、ありがたいことにカウンターの数値がギュンギュンと上がってるんですよ。

ここの開設当初、1ヶ月掛けてゲットした訪問者数が
今じゃ、1日あれば達成できる様になれましたしね。

ホント、ありがたいことデス。

そろそろ、10万カウント単位で喜びの声を上げるようにしようかな。


ここまで順調に来れたのは、まさしく 皆さんのお陰です。


そうそう…

アクセスカウンターを新しいものにして
合計と当日、昨日のアクセス数が表示されるものに変えてみました。

ん? 誰も見てないって?
そうですか、ありがとうございます。(笑)



てな感じなんで、サイトのデザインが崩れてたら教えてもらえませんか?
Windows XP & InternetExplorer6でしか確認できていないので

特にMacと非IEな方は、


何かおかしくない?(お前の顔は)


と思うとこがあったら是非とも教えてやってください。



んな、感じ。


にほんブログ村 写真ブログへ



[2008/10/09 20:55] 街(town) | TB(0) | コメント(10)

【レビュー】Ai AF Nikkor 35mm F2D 


Nikon D700 / AF-S Micro NIKKOR 60mm F2.8G ED


昼と夜の顔を持つレンズと言えば良いのでしょうか…


自分にとってはレンズ版、

「ジキル博士とハイド氏」

って感じなんですよ。


昼間は非常に素行が良いレンズなんですけど、
夜になると途端に暴れ馬になり使いにくいレンズになるのが自分の印象ですね。


昼間の顔は非常に素行も良く優秀。

歪みも分からないレベルですし、25cmまで寄れて使いやすいですね。

画角もFX、DXに問わず使いやすく、絞り開放からビシバシ使えて
本来なら、初めての単焦点レンズとしてお勧めしたいとこです。

解像力もあり、レンズが小さくて軽いので取り扱いも楽。
何より価格が3万円前後で、この描写ならリーズナブルだと思いますね。

体を動かせば、色々な表現ができる単焦点レンズの良いところが楽しめる一本でしょう。


気をつけなきゃいけないのは、D40やD60でオートフォーカスが不可な事ぐらいかな。

マニュアルで使うには使えない事は無いとは思うのですが、
この辺の作りでコストダウンしているので、使いやすい訳でもないですね。



そして、夜の顔。

正直、これが無ければ私的には良いレンズだと思うのですが…

コマフレア、色収差、パープルフリンジ…
夜の街を撮ると、強い光源や点光源の描写の弱さが顕著に出ちゃうんですよ。

絞れば解決・軽減できる収差ですが、夜に絞って撮影するって
明るいレンズの意味が無いんですよね…

昼間や夜でも光源に気をつけながら使うなら、素行の良いレンズなので非常にお勧めですね。
ただ、夜の街を気ままにスナップする為に選んでしまうと涙目って感じです。


自分は、このレンズよりもシグマの、

24mm F1.8 EX DG ASPHERICAL MACRO

を愛用してます。

18cmまで近寄れますし、F1.8と明るいレンズでマクロっぽい撮影も楽しめるんですよ。
特にDXフォーマットで使うと画角が丁度良く、使いやすいですね。

もちろん、夜も困ることはなかったです。


このレンズは既にレビュー済みなんで、興味があればどうぞ


にほんブログ村 写真ブログへ



Leica S2 の本体価格は300万円、レンズは50万円からだそうで… 


Nikon D700 / Ai AF Nikkor ED 180mm F2.8D(IF)


えーっと…
以前、ライカの新しい中版デジタルカメラ 「S2」 がフォトキナ2008に出てきたときに、

「いくらに位のシステムになるのかな~」

なんて、ボヤいていたんですけど日本での価格が発表されましたね


カメラが300万円で、レンズ一本50万円から。


従来の中版デジタルカメラと値段的には変わらないですね。(カメラは)


発表時に某FXフォーマットカメラとの比較映像が出てきたのですが、
中版デジタルカメラとしてサイズが小さいと強調している事を考えると、
取り回しの良さが売りのカメラなのかもしれません。


ただ、レンズの規格が新しいので一からシステムを組まなくてはいけない訳ですが、
誰が組むのかな?

なーんて、ことを考えております。


値段が値段だけに、中版デジタルカメラは簡単に乗り換えは出来ませんよね。

しかも、レンズがライカ価格。
一本、50万円からってっ!?

それに最近のスタジオ撮りはEOS-1Ds Mark IIIなどの35mmフルサイズも活躍してると
聞いたこともあります。


正直、何を考えてこのカメラを出したか自分には分からんのデス。

以前、ライカは経営状態もあまりよろしくないと聞いた事があるんで、
結構、勝負を掛けてきてるんじゃないかと思うんですが…


M8のフルサイズ化の方がまだ、需要がありそうな気がしてしまうのは、
素人考えなんでしょうか?(CCDが入るかどうかは別にして)


フィルムカメラの文化を守る為にも、S2にはそれなりの成果が上がって欲しいとこですね。

コレが致命傷になって、もしもの事があったら、
フィルムカメラの文化にとっても、きっと致命傷だろうから…


にほんブログ村 写真ブログへ



[2008/10/07 20:45] 動物(animal) | TB(0) | コメント(0)

GoogleMap(グーグルマップ)で、撮影予定地を下見・下調べ 


Nikon D700 / SIGMA APO 100-300mm F4 EX DG/HSM


自分は撮影しようと思いついて、かなり適当に行き場所を決めて
現地についてからポケット地図と相談してスナップするスタイルがマイブームなんですよ。

ただ、最近は遠出するときや目的が決まってる場合は、下調べをしてから撮影に行く様になり始めました。


数週間前に下調べせずに、とある田舎の祭りを撮りに行ったら、
スケジュールが分からず、挙句の果てに迷子になり、目的と全く違うものを撮って帰りました…

それが今日の写真デス。
全く持って、祭じゃありません(笑)


まぁ、賢明な皆さんはこんなアフォみたいな事は無い(これはこれで面白いんだけど)と思うんですが、
下調べの強力なツールとして、最近は「グーグルマップ」を使ってます。

色々と批判が出ている「ストリートビュー」ですけど、
この機能が実装されてから、かなり強力な擬似下見ツールになりましたな。

まだまだ、確認できる範囲が狭いので住んでる地域によっては全然使えませんが、
拡張される事を個人的には期待してますよ。


例えば、こんな感じで使うってとこですかね。
別に日本じゃなくてもOKなんですけどね。


ちなみに、ドラッグする事で画像の見える方向が変えられます。

しばらく前に、「工場萌え」という写真集が発売されて、工場の写真が静かなブームになっているらしいですが、
自分もブームに流されて工場の写真を撮りに行ってやろうと目論んでるんですよ。

ハッキリ言って、どこの場所から撮れば良いのかなんて、ネットで調べても載ってないんで
今回、「グーグルマップ」を使用して撮影ポイントを決めてみました。

場所は、自宅から自転車で30分ぐらいです(笑)

検索で引っかかる事も無いだろう、名も知らぬ様な場所でもチェックできるのが良いトコですな。


ホントは、昨日・一昨日に行きたかったんですけど…

用事があったり、天気が悪かったりで行けなかったんで、
今週末辺りに、チャレンジしようかなって感じデス!


にほんブログ村 写真ブログへ



[2008/10/06 21:41] 街(town) | TB(0) | コメント(0)

こんな理由で、カメラ雑誌を買わなくなったのだ 


Nikon D700 / SIGMA 50mm F1.4 EX DG HSM


色々とカメラ雑誌を買って楽しんできましたが、
いま、定期的に購読してるカメラ雑誌は 「CAMERA magazine」 だけになりました。

以前は、老舗のカメラ雑誌以外は記事が面白そうだったら買ってたんですけど、
そのうち、ある疑問にぶつかる訳ですよ。


カメラ雑誌の大半の月刊誌って面白い事に、
「ニコン寄り」か「キヤノン寄り」の二種類に分かれてるんですよね。

同じ様なスペックのカメラが出てくると、
雑誌によって最初に特集されるカメラ、表紙に書かれるカメラ名の順番・フォントの大きさ。

傾向がクッキリと出てくるわけで。

ここが結構、露骨なんで分かりやすいかも(笑)


どっちかに偏らないとユーザもメーカも満足しないんでしょうが、この傾向がある限り、提灯記事は無くなる事はないんでしょうな。

まぁ、他社のカメラの情報は、どうでも良い気持ちも分からない訳じゃないし、
ある意味、ユーザのニーズを捉えてるのかもしれないけど。


後は、

リコーの高級コンデジを褒めるスナップの大御所とか、
キヤノンを褒めるレース撮りの大御所とか、
ニコンを褒める鉄撮りの大御所とか

正直、提灯記事はお腹いっぱいデス。


カメラマンの名前は…
まぁ、お察しください(笑)

ある意味、プロに徹しているのかもしれませんが。


撮り方の基本を学べば、こんな理由でカメラ雑誌はほとんど読まなくなりましたね。
新機種が出るときに立ち読みするぐらいで、インターネットがあれば調べられるしね。

個人的に月刊誌はCAPAが時折、面白い特集をすることがあるんで、
場合によっては買うかもってぐらいかな。


ハッキリ言ってしまえば、ブログとかで実際に機材を使ってブーブー言ってるだけの文章の方が、
情報としてカメラ雑誌と比べられない程の価値がある場合が結構あるし。



唯一の定期購読しているCAMERA magazineは 「コシナ」わっしょい みたいなトコもあるんですが、
トイカメ系ではないフィルムカメラ専門雑誌。
フィルムの味を忘れない様に目を通してます。

自分は余程の事が無い限り、フィルムで撮影する事はもうないと思うんで…
フィルムの味を見とくと、RAW現像するときに色々と知恵を貸してくれるんですよね。

季刊誌なのもちょうど良いかな。


にほんブログ村 写真ブログへ



[2008/10/05 15:28] その他(etc) | TB(0) | コメント(4)

写真を撮ることについて結構、真面目に書いてみた 

20080927_4.jpg
Nikon D700 / SIGMA 50mm F1.4 EX DG HSM


どもどもっ


昨日の記事、沢山の意見を頂くことが出来てありがたかったです。
色々と考える機会が与えられて、記事を書いて良かったなって思います。

書き込みをしてくれた、

テルさん
ジェンキンスさん
舟月らぴすさん
写真おもしろさん
(書き込み順)

センキュでした。


今日は、いつもの通りアフォみたいな記事を書こうと思ってたんですけど、
もうチョット、掘り下げても面白いと思って書き込んでくれた人の返事のつもりで書いてみます。


明日は用事があってブログを更新するつもりが無いのですが、
この記事を読んで思うことがあれば、コメントもらえると嬉しいデス。

名前なしの書き込みでも良いんで、お願いします。
どんな意見でも、否定的な捉え方をするつもりは毛頭ありませんので…

自分がこんな真面目に書くことは、そうそう無いデスYO(笑)


写真とかの感性で表現するものを評価するのって難しいと思うんですよ。

仕事や勉強、勝負事などと違って、ハッキリとした結果が出にくく、
本人評価しだいなので、明確に線引きするのは難しい!

んな、風に考えてるわけです。

個々に考え方が違うので、押し付けがましく聞こえてしまう人もいるかなぁ、
なんて思ったりもしますがライトな読み物として読んでもらえるとありがたいかな。

写真雑誌に載っているプロの写真よりも、
ブロガーがWeb上にアップした写真の方が興味深い事なんて、
自分にはざらにありますからね。



一つ、皆さんの書き込みで分かったのは自分、

「機材系の人」

だったんですねぇ(笑)

実は、そういう認識は無かったんですけど、
言われてみると、最近このブログは機材ネタが多いですね。

まぁ、フォトキナが先週まであったのもありますが…


こういう自分の再構築をするのが結構、好きなんで良い機会に恵まれたって思います。
付け加えると、撮影も機材も両方好きな人ですよ。(笑)



そうそう…

昨日の生徒と先生の例え話についてのコメントで、

「車輪の再発明」

って書いてあったんですよ。
まぁ、無知な人間なんで意味をwikipediaで調べてみたら、

--------------------------------------------------------------------------------------------------------
新たな付加価値が何もないものを作成するのにコストをかけることから、皮肉的なニュアンスで用いられる。
再発明を行ってしまう理由としては、

「既存のものの存在を知らない」
「既存のものの意味を誤解している」

といったことが挙げられる。
--------------------------------------------------------------------------------------------------------

こんなことが書いてありました。

皮肉的ニュアンスは全くもって書いた訳では無いのですが、
時間が勿体無い・知らない事が勿体無いっていうコスト意識は結構、強いです。

自分の性格がある意味、出てるかも。(笑)


基本を押さえたら、後はソレを組み合わせて楽しむのが自分の撮り方なのかな?
なんて、この記事を書きながら思ってるところデス。


オリジナルを構築できる人間のことを自分は、

「天才」

と呼ぶのかなって思っていますので…
先人が苦心して積み重ねてきたものから、更に新しい概念を生み出す力は自分には無いっす。


アイザック・ニュートンが林檎が落ちるのを見て、重力を発見したのは
有名なエピソードだと思います。

後の科学者は、重力はあるものとして新しい発見してますよね。

アルベルト・アインシュタインが体育座りで林檎が落ちるのを待ってから、
相対性理論や光粒子仮説を導いてたら、時間が足りないっつーの(笑)


自分の撮影の基本に関する今の考え方は、正にこんな感じ。



昨日の記事で、

--------------------------------------
感性と言って撮っている本質が、

「学ぶのメンドクサイ」

って事が無いことを祈りつつ。
--------------------------------------

って感じで締めくくったんですけど、
アレって自分に対して言ってるんですよ。

正直、このブログを立ち上げる前は撮影技術について何も知らなかったし、
覚えなきゃいけない事が沢山あって鬱陶しかったデス(笑)

で、「自分の撮り方」という言い訳に走ったんですよ。
何を学べば良いか分かんなかったし面倒だったんでね、ナハハ…


なのに、何で今は基本を踏まえて撮影し続けられているのか。

ブログ文化の誕生・デジタル一眼レフの一般化…
タイミングが良かったんでしょうね。

直ぐに確認・取り直しができる、デジタル一眼レフ特有の便利さ。
撮ったものを簡単に一般に見せられる、見ることができるブログの存在。

自分とデジタル文化の水が合うって奴ですかね。

何でウマく撮れないのか、何であのブログの写真は良いのか。
調べて撮って、また調べて撮って…

そんな繰り返しで今に至るって感じですな。

まだ、知らない事の方がテンコ盛りですし、
納得いく写真が撮れなくて写欲無くなったって愚痴ったりしますけど(笑)


また、自分がラッキーだったのが、
ギリギリのタイミングで安価で、現像ができる環境も悪くなかった時期に
フィルムで撮影ができたのは今となっては大きいです。

昨日の記事に、露出が分からない人が増えたと言う書き込みもありましたが、
自分もデジタル一眼レフからスタートだったら、また別の道を歩んでましたね。

Nikon F3で真っ白い写真や真っ黒い写真とか撮りましたから(笑)
あぁ、フィルム巻き戻す前にフタも空けたかな。


あとは…
凄い勢いで撮影に関しては考え方が変わりますね、自分。

半年前まで否定してた事を今では肯定する事なんて結構、ありますからねー(その逆も)
半年後に、この記事見たら赤面ってな感じになるかもしれない。

「初期に書いた機材のレビューとかも再構築しなきゃいかんなー」

とか思ってますし…


例えば初心者に最初に一本、薦めるレンズがあるなら何を薦めるか。
今の自分だったら絶対に手振れ補正付きの高倍率ズームレンズですね。

最初、何を学ぶのが良いかと言われれば、

気の向くままに沢山撮れ。
撮る事を楽しめ。
そのうち疑問が出たら調べれば良い。

って感じですし。
能書きをたれるのは、その後で十分書けますから。(ここみたいに)

そう…、疑問が出始めて初めて基本を学ぶ下地ができるんじゃないかな?


昔だったら、基準は50mm単焦点とか言ってみたり、明るいズームレンズとか薦めてた。
本に書いてあるような事しか言えないアフォな子でしたよ(笑)


ただ、写真撮影に対する考え方が固定化しちゃったら
多分、撮るのやめちゃうYO!

面白くないもん。



あー、スゲー文章が長くなった。
昨日、書き込んでくれた人の返事になってれば良いんだけど。

まぁ、そんな感じ。



にほんブログ村 写真ブログへ



[2008/10/03 21:46] 街(town) | TB(0) | コメント(19)

感性だけで写真を撮るということの考察 


Nikon D700 / AF-S NIKKOR 24-70mm F2.8G ED


今日は結構、真面目で面白くない記事になっちゃったYO!
スマンね。



自分は、写真を撮るからには面倒かもしれないけど写真の基礎を学ぶべきだと思っているんですよ。
ただ、人によって考え方はそれぞれ違うわけで、


「撮り方は自分で決める、自分の表現がある。」


そういって、撮りながら何かを見つけようとする人も結構、いるんですよね。
自分も、はじめてカメラを握ったときは、そう思って撮影してました。

写真は人によって見えるものが違うから、良い・悪いの判断が非常に難しい。


ただ、思うんです…
基礎があるから、応用ができるのだと。


何で読んだのかは忘れたんですけど、こんな話がありました。


一人の数学に対して鋭い感性を持つ生徒と先生がいた。
先生は、彼の将来は有望で何かの博士になれるのではないのかと考えていた。

しかし、生徒の家庭の事情で高校に行かないで働くという。
つまり、貧乏で進学など出来ない家であった。

彼は、

「どこででも勉強はできる。」

そう言って就職する。

卒業後もしばらく、生徒と先生の関係は続くのだが、
時間が経つにつれ疎遠になり、二人は会うことが無くなった。


数十年後…


生徒から先生に連絡が入り、久しぶりに会うことになる。

相変わらず貧乏であるが、結婚をして子供が生まれたこと。
時間を作って数学の勉強を独学でしていること。

懐かしさから話が弾み、しばらくたつと生徒はノートを取り出して、


「ぼく、どんな学者でも証明できなかったこの公式を、ついに証明することができましたっ」


ノートに目を落とす先生…


先生は、悲しさを押し殺しながら笑うしかなかった。

そこに書いてある公式はすでに証明され、さらなる応用も今では大学院に行けば、
学べるものだったのだから。





まぁ、こんな感じの話だったかな。

ホントに名前を残してる写真家は、基礎など学ばず自分の感性だけで作品を残す人が結構いるんで、
その道を突き進むのも良いと思います。

ただ…
凡人には凡人の積み重ね方があるんじゃないのかなって思う。
基礎を学んでも、その人の感性が駄目になる事は無いと信じてます。


生徒と先生の話を読んで何かを感じてもらえればって感じですね。


感性と言って撮っている本質が、

「学ぶのメンドクサイ」

って事が無いことを祈りつつ。


もうチョット続きます。


にほんブログ村 写真ブログへ



[2008/10/02 22:38] 街(town) | TB(0) | コメント(5)

【レビュー】SIGMA 50mm F1.4 EX DG HSM 

20090202_2.jpg
Nikon D700 / AF-S Micro NIKKOR 60mm F2.8G ED


今回は、シグマの 「50mm F1.4 EX DG HSM」 のレビューでいってみようと思います。

シグマのレンズは切れがあって描写が固めな印象があるのですが、
このレンズに限っては印象が全然、違いますね。


まず、ボケ味が非常に良いんですよ。

自分はボケの良し悪しを判断するのが結構、苦手なんですが、
このレンズに関しては、撮ったものを見た段階で違うって感じる事ができました。
自然でいて、なだらかにボケていく印象で綺麗ですよ。

それでいて、絞り開放からシグマ特有の切れの良さを持っていて、抜けも良い感じ。


Ai AF Nikkor 50mm F1.4D」 と比べると、シグマはシャープな絵を、ニコンは柔らかい絵を出す感じかな。

描写に関しては、最新設計だけあってシグマの方が好みですね。
シグマが自信を持って送り出したレンズだけはあるかなって感じ。

デジタル一眼レフカメラを想定して設計されたレンズか、想定していないレンズかの差は実に大きい。


そうそう…
フジヤカメラで買ったんですけど、そのときの店員の兄ちゃんが、

「レンズに入る光の量はF1.2のものだが、画質向上の為に開放をF1.4にしてある」

なんて言ってましたよ。

つまり、開放F1.2のレンズをF1.4に絞って使ってる感じなんでしょうね。
その仕様なら前玉がデカイのも分かるし、シグマの意気込みも感じますな。


最初、シグマからこのレンズが発表されたときは、

「(良い意味で)無理してるな~」

って面白がって見ていましたが、最近のシグマは侮れないっすな。


ピントリングのトルクは重めですね。

最初は重すぎじゃないかと思ったんですけど、
使ってみると、じっくりとピントを合わせるのに向いてる重さだと感じました。

まぁ、AFだけで大半は済みますから、マニュアルでピント調整する事はあまり無いのですが、
フルタイムマニュアルができるとやっぱり便利ですね。


レンズの大きさ、重さについては確かに従来の50mmレンズと比べると大きく、重いですが、
持ち運びが嫌になる程のものでは無いです。

逆に従来の50mmレンズより大きく、重いのでカメラが構えやすいですね。
描画性能とトレードオフって考えれば許せる範囲。


AFスピードについては、そこそこ速いデス。

正直、人によって感覚が違うんで速いと伝えて良いのか迷うスピードだったので「そこそこ」で(笑)
レンズが大きくて重いので、モータの負荷が大きいのかもしれませんね。

と、いっても従来の内蔵モーターのレンズよりは速いですよ。
ニコンのAF-SレンズのAFスピードが速いリング型と比べると、やや劣るって感じですね。
(ちなみにニコンの超音波モーターには、小型のギア式とスピードが速いリング式の二種類があります。)

ただ、チャンスを逃すような事は無いので、気になる程のものでは無いです。


AF時の音はニュアンスが伝われば良いのですが、

AF-Sが、

「スゥーーー」

って感じの静かでクールな感じだとすると、このレンズは、

「ククククク」

って頑張って移動させてる感じデスね。
やっぱり、レンズが大きく重いのが影響してる気がします。

まぁ、使い始めると気にならなくなりますが。


逆光性能に関しては極々、普通ですね。
悪くは無いのですが、ニコンのナノクリスタルコートを施してあるレンズと比べると
無理するのは止めた方が良かったかなと思うシーンはありました。


気になったことは、

実は、このレンズだけではなく手元にある
同社の 「24mm F1.8 EX DG ASPHERICAL MACRO」 でも同じ現象があったんですが、
無限大の向こう側があるんです…

以前、何となく24mmレンズで星を撮ってみたんですけど、
AFが効かなかったのでMFに切り替え無限側にまわし切って撮影したら、
星にピンが合ってなかったんですよ。

チョット戻すと無限大にピンが合う状態なんです。

これと同じことが、この50mmレンズにもあるのが気になりますね。
こういう使い方をする事は少ないんですが、まわし切ったら無限に合って欲しいとこデス。

手元の全てのシグマのレンズで、この問題が発生してる訳ではないので、
たぶん調整に出せば直るんでしょうけど、ニコンのレンズじゃこういうこと無いんですよねぇ


個人的には名玉と言い切るまではいかないのですが、
レベルの高いレンズである事だけは確かですね。

特に夜スナップを最近、楽しむ様になったので、
サジタルコマフレアを極力、廃しているこのレンズは自分にとって手放せません。

ちなみに自分が一番美味しい描写と感じるのは、F2.4で撮影した時かな。


このレビューを書いている時点では 「AF-S NIKKOR 50mm F1.4G」 が発売されていないので
描写も気になるところですが、このレンズも劣るところは無いんじゃないかなって思います。


サンプルの写真については、

ここをクリックしてもらえば自分の撮ったものですけど確認できますよ。


そんなとこ。



にほんブログ村 写真ブログへ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。