スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



にほんブログ村 写真ブログへ



[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

SDカード、SDHCカードが読み込めなくなったときの復元方法 

cf.jpg


以前、コンパクトフラッシュの復旧方法を書いたら、
思ったよりも需要があったみたいなので誘導用に記事を書きました。

コンパクトフラッシュの部分をSDカードと読み替えてもらえればって感じです。


こちらからどうぞ
スポンサーサイト



にほんブログ村 写真ブログへ



【レビュー】ティルトレンズに変身! 「KIPON Tilt NEX-NIK」マウントアダプタを使ってみた 


Nikon D700 / AF-S Micro NIKKOR 60mm F2.8G ED


今回はマウントアダプタ「KIPON(キポン) Tilt NIK-NEX」の紹介。


NEX-5、NEX-3で採用されているEマウントに、
ニコンのFマウントレンズを接続するためのアダプタなんですが…

このアダプタは「ティルト」が出来るという異端児なんですな。


ティルトの意味が分からないなら、
ミニチュア写真が撮れるマウントアダプタと言った方が、分かりやすいかもしれませんね。


このアダプタは上海のメーカーが製造・販売しているのですが、
その使い心地のレビューです。



NEX-5に接続するEマウント側も、レンズに接続するFマウント側も
変な引っかかりも無く、滑らかに取り外しが可能。

ティルトを行う場合も変な引っかかりは無く、
正直、想像以上に精度が高くてビックリした(笑)


しかも、個人的にポイントが高いと思ったのは、
NEX用のリアキャップが付属している事。

このカメラを持っている人は何が言いたいか分かるでしょう。

ソニーは何を考えているのか知らないけど、
キットレンズに、リアキャップを付属してないんですよね。

これはメチャメチャありがたかった。


あと、マウントアダプタに三脚用のネジ穴が付いていて、
カメラ、レンズにダメージを少なくする工夫がされているのも良い点。



懸念点としては、
ティルト調整をするパーツにグリスが塗ってあり、
滑りを良くしてあるんですが…

今のところは問題無いけど、
埃が付いたり、経年劣化で動きが悪くなる可能性があるので、
そこは心配あり。

埃や砂の多いところとか、風の強い日の使用は躊躇しそう。


あと、直接の問題点では無いんだけど、入手方法の微妙さ。

このマウントアダプタ、
主に取り扱いをしているのが「Yahoo! オークション」ということ。

特定の取扱者を応援する気はサラサラないので、
誰から買ったかは公開する気は無いけど、欲しい人は検索してみてください。

1万1000円台で、いくつか出てくるはずなんで。



まとめとしては…
NEX-5やNEX-3を持っていてミニチュア撮影をしたい人には、かなりお勧め。


Fマウントのレンズは沢山あるし、
古いマニュアルレンズだったら安く買えるはずですしね。

一つ注意点と言えば、絞り環が無い最近のGタイプレンズには対応していないこと。
そこは気を付けないといけませんなっ


Fマウント以外でもティルトが出来るマウントアダプタも用意されているので、
ニコン以外のレンズを持ってても楽しめますぞ。


作例については、こちらをどうぞ


にほんブログ村 写真ブログへ



防湿庫を買ったり自作しなくても、必要最低限のコストでレンズ・カメラは守れます 

今年も梅雨が近づいてきていますけど、カメラ・レンズの収納はどうしてます?

自分は、密閉できる半透明の収納ボックスに、
HAKUBAの湿度を一定に保てる乾燥剤を入れて管理してます。


「防湿庫まではチョット…」


と、思っている人には結構お勧めデス。


ボックスと乾燥剤は、合計2000円ぐらいあれば買えますよ。


ちなみに…

ボックスは家の近くにあるホームセンターで、乾燥剤はヨドバシで購入しました。

自分は収納量が大きくて安い、収納ボックスをホームセンターで買いましたが、
プラス1000円出せるなら、こっちも検討してみるのも悪くないかも


ランニングコストとしては年に一回、
大掃除の時に乾燥剤を交換するだけなので、定価ベースで計算すると年間で100円。

乾燥剤の購入価格は忘れちゃったけど、
もちろん定価では買ってないんで、もうちょっと安いかなー


保険として考えるなら、コスト的にも悪くないんじゃない?

綺麗に収納できるし、押し入れに置いておける。
当たり前だけど故障の心配もないし、廃棄する事があっても悩まなくて済む。
容量が足りなくなっても、買い足すのは簡単と良いこと多いデスし。


もう少しコストを掛けられるなら、「防虫防かびシート」をひくのも良い手だと思うのですが…

自分もひいているんですけど、ニトリで1000円ぐらいだったかな?
値段も張るし、しかも効果は1年ときたもんだ。

少し調べたら、こっちの方が安くて良さそう

衣服の防虫剤に含まれている「防かび剤」が使えるなら、これが一番安いんだけどね(笑)



どうでしょう?



【2010/06/03追記】
機材マニアな人の突っ込みがコメントにあったので、少し追記。

乾燥剤についてですが、湿度を下げ過ぎると乾燥しすぎてレンズに良くないので、
一定の湿度を維持できる乾燥剤を使いましょう。

40%前後の湿度が良いそうですよ。


次に防カビ剤について。

ネットでは否定的な意見もある防カビ剤。
個人的に、防カビ剤がレンズに影響を与えるという納得のいく意見を見たことはないけど、
心配な人は使わない様に。

まぁ…
防カビ剤については、こんどニコンの人に聴いてみよっと。


にほんブログ村 写真ブログへ



【レビュー】AF-S NIKKOR 16-35mm f/4G ED VR 


Nikon D700 / AF-S Micro NIKKOR 60mm F2.8G ED


最近、忙しくて真っ当にレビューしてなかったなー
なんて思ったので…

今日は「AF-S NIKKOR 16-35mm F4G ED VR」のレビューでも長々とやりますよー。


まずは、描写の話から。

使って感じるのは広角側の解像度が高く、全体を通して抜けが良く逆光に強い感じかな。

同じナノクリを使ったズームレンズ「AF-S NIKKOR 24-70mm F2.8G ED」を所有しているのですが、
このレンズと比べると描写は劣りますが、ここは値段の差でしょう。

ただ、今まで自分が使ってきた広角レンズの中で一番良い写りです。
やっと満足いく広角レンズに会えたって感じデスなー


正直いうと発売前は、広角開放でのMTF曲線で不安を感じてました。

「周辺画質が大丈夫かな?」

って感じで。


まぁ、使ってみたら超広角レンズ特有の流れはありますけど心配は杞憂に終わったみたいな。


で、気になった人はいるかもしれませんが…
最初に「広角側の解像度が高く」と書いているのですが、テレ側になるほど解像度が落ちる傾向がありますね。


35mmの画角で撮ったものをRAW現像するとき、

「チョット解像感が足りないなぁ…」

って思う事が正直あります。


個人的な見解ですが…
テレ側を急いで使う必要が無ければ、レンズを交換して対処するのもアリじゃないかなー

それか広角で撮って、現像時にトリミングするのも手かも。


このレンズ、最短で28cmまで寄れるので広角でF4のレンズですがボケますね。
ボケの感じは悪く無いのですが、丸ボケを作ろうとすると広角レンズ特有の流れでイビツになりますな。

まぁ、そういうレンズじゃ無いと言われればアレですけど…


銅鏡の作りは「AF-S NIKKOR 24-70mm F2.8G ED」を思い起こさせる様な質感と作りですね。
レンズ側が太く、手で添える部分が細くて使いやすいのも一緒。

10万円を超えるレンズだけあって作りはシッカリしてますな。

ちなみに気にしてる人がいるかもしれないので書いておくと日本製。



そして、他社の差別化で実装されたと思われるVRII(手振れ補正)ですが…

これは想像してたよりも凄かった。
16mmだったら手持ちで1/6秒とか平気で行ける。(35mmは1/8秒ぐらいなら平気)


「広角レンズに手振れ補正って…」


と言ってる人も見かけますが、使ってから物を言えというぐらい撮影の幅が広がりますね。

スナップで気軽にスローシャッターが切れるのって新鮮でした。
体を壁で支えたり、三脚を用意しなくても撮れるんですから…


このレンズでしか撮れないという強みを感じます。


もちろん、数枚に1枚のレベルで撮れれば良いのであれば更なるスローシャッターも狙えます。
さっき書いたシャッタースピードは、自分がほぼ手振れしない参考値ですから。

VRIIの恩恵をフルに使って、ISO感度を下げて画質低下を抑える使い方でも良いですし、
高感度を上げて肉眼で確認する事が出来ないものを見せるのも貴方しだいですなっ

ある程度、感度を上げても画質低下の少ないD700との相性は抜群ですわ。


VRIIを使っての撮影、新しい感覚でかなり楽しいですよ。


オートフォーカスについては遅くないと書いておきましょう。

AFが速い「AF-S NIKKOR 24-70mm F2.8G ED」や「AF-S Micro NIKKOR 60mm F2.8G ED」と比べると
明らかに劣りますが、最近でた普及帯のレンズよりは速い感じかな。

あと、フィルターが使えるのはやっぱり安心ですな(笑)



次に、人によっては気になりそうな所を上げていきましょうか。


まず、歪みが大きいという意見も多いと思うんですが…


確かに大きいですが、FXフォーマット向けの広角ズームレンズで歪まないものがあったら、
是非とも教えて欲しいものですな、特にワイド側。

ガンレフでどのくらいの歪みがあるかをチェックできるので、参考にリンクを貼っておきますね。
リンク先の「歪曲収差」をクリックすると分かりますよ。

AF-S NIKKOR 16-35mm F4G ED VR

AF-S NIKKOR 14-24mm F2.8G ED
12-24mm F4.5-5.6 EX DG ASPHERICAL / HSM
EF17-40mm F4L USM
Vario-Sonnar T* 16-35mm F2.8 ZA SSM


それでも歪みが気になるなら、単焦点を使うしか無いですなー


で、それを踏まえた上で標準や望遠レンズと比べると歪みます。

ワイド側は仕方ないと思いますが、テレ側の場合は歪みの少ない標準レンズもありますから、
それをチョイスして使うのも手だと思います。


後は現像時に修正するか、自分みたいに気にしない(笑)ぐらいでしょうか。



周辺光量落ちについては、落ち込みが大きいレンズですね。
絞っても四隅に、若干暗さが残る傾向があります。

綺麗に光量落ちするレンズなので自分は気にしていませんが…
光量落ちを気にするユーザの場合は、頑張って上のクラスのレンズを使うしかありませんね。




総評ですが…


「ニコンから、面白いレンズが出ちゃった。」


って感じです。


個人的に不満と感じるのは、テレ側の解像度だけですね。
ワイド側をメインに使うなら画質も使い勝手も良い、バランスがとれた一本だと思います。

特にVRIIを使った広角の撮影は新感覚ですよ。



値段も値段なんで、まだ使ってる人は少ないと思いますが…

買えるなら、さっさと行ってしまえと言いたい!



このレンズで撮影した写真はこちらから見れます。(ブログ内検索なので余計なのも少しでちゃいます)



【2010/04/26追記】
このレンズは使い方によって、バッテリーの消費が激しい件を考察してみた


にほんブログ村 写真ブログへ



スナップ撮影用のカメラバックは、これが使いやすくてお勧め! 


Nikon D700 / AF-S NIKKOR 24-70mm F2.8G ED


デイパックを新調してて、本日デビューさせてみたんですけど実に具合が良い。


グレゴリーのルーファスっていうトレイルランニング用のものなんですけど…
インナーケースをねじ込んで、そこにレンズを入れて使ってます。

レンズの大きさにもよりますけど2、3本は楽に入るかな。

山を走る人向けのものなので、小型軽量でフィット感がシッカリしているので疲れにくい。
やっぱり、体全体で支える事ができるタイプのデイパックは良いですなっ


あとはペットボトルを出し入れしやすい形状のポケットになってたり、
腰のベルト部分にあるウエストポケットも使いやすい。

ウエストポケットは本来の使い方だとサプリメントを入れたり携帯食を入れたりするらしいんですが、
コンパクトフラッシュを入れたケースや予備バッテリー、ブロアーなど入れてマス。


容量が少ないので日帰り向きですな。


実は、グレゴリーに載っているのは2010年モデルなんですけど、
廃版になった2009年モデルの方に欲しい色があったので取り寄せました。



ところで、グラナイトグレーってニコン色じゃね?(笑)


にほんブログ村 写真ブログへ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。